IRIS

芥川賞受賞者

今村 夏子 第161回受賞(2019年前期)、作品は「むらさきのスカートの女」

日本の三大祇園祭

会津田島祇園祭 (福島県南会津町) 地域に根付いた800年近い伝統の祭りで、7月22日~24日にかけて行われる田出宇賀神社と熊野神社の祭典である。

日本の三大祇園祭

博多祇園祭 (福岡県福岡市) 紀元770年ともいわれる博多祇園山笠、毎年7月に行われる。

日本の三大祇園祭

京都祇園祭 (京都市八坂神社) 毎年7月1日から1か月にわたって開催される「祇園祭」。千年を超える歴史を持ち、伝統ある京都の風物詩である。

日本の三大祭り

神田祭 (東京都神田明神) 東京の神田神社が行うお祭りで、毎年5月15日に行われ、例大祭は厳粛な行事と言われている。

日本の三大祭り

天神祭 (大阪市大阪天満宮) 大阪天満宮を中心として、6月中旬から7月25日までの約1か月間に行われる。25日の本宮の夜は、大川に多くの舟が行きかい船渡御が行われ奉納花火がある。

日本の三大祭り

祇園祭 (京都市の八坂神社) 京都の夏の風物詩として、中でも「宵山」や32基による「山鉾巡行」「神輿渡御」など有名である。

日本の世界遺産

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連文化遺産群 長崎県にあり、世界文化遺産として2018年に登録される。

日本の世界遺産

宗像・沖ノ島と関連遺産群 福岡県にあり、世界文化遺産として2017年に登録される。

日本の世界遺産

心・ユルビュジェの建築作品(近代建築への顕著な貢献) 東京都にあり、世界文化遺産として2016年に登録される。

日本の世界遺産

明治日本の産業革命(製鉄、製鋼、造船、石炭産業)遺産 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、山口県、岩手県、静岡県にそれぞれあり、世界文化遺産として2015年に登録される。

日本の世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺跡群  群馬県にあり、世界文化遺産として2014年に登録される。

日本の世界遺産

富士山(信仰の対象と芸術の源泉)  山梨県・静岡県に属し、世界文化遺産として2013年に登録される。

日本の世界遺産

小笠原諸島  東京都にあり、世界自然遺産として2011年に登録される。

日本の世界遺産

平泉ー仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群  岩手県にあり、世界文化遺産として2011年に登録される。

日本の世界遺産

石見銀山遺跡とその文化的景観  島根県にあり、世界文化遺産として2007年に登録される。

日本の世界遺産

知床  北海道にあり、世界自然遺産として2005年に登録される。

日本の世界遺産

紀伊山地の霊場と参詣道  奈良・和歌山・三重の各県に属し、世界文化遺産として2004年に登録する。