IRIS

朗読:声高く読みあげること。趣深く読みあげること。

1.どんな声で読むか
 文を読んで聞き手に意味を伝えるには、内容をしっかりと把握することがまず大切です。そして、内容を正しく伝えるためには、声の高さ・強さ・速さで読むか、間をどうとるかを考えます。

2.自然な息で届ける
 朗読とは自分の声に酔いしれることではなく、聞き手とコミュニケーションを図ること。
 どこで息を吸おうかなど考えずに、自然な息で自然な声を出します。
 「えっ、ほんとう」
 ①喜び... 続きを読む

「読み聞かせ」の場合、声色で人物を変える必要はありません。人物の特徴をつかんで、声の高さやスピードを変えるのです。人物の性格や行動を想像しながら読み方を工夫する。つまり「役作り」をして読むということです。


声色(こわいろ) : 声の音色つまり音の質のこと。声の高さや音圧は一緒でも音質が変わると声色が変わる。
                           åŸºæœ¬çš„に声の高低は、声帯によって調整されます。
  ... 続きを読む