IRIS


 高文脈文化と低文脈文化ともいわれるもので、アメリカの文化人類学者エドワード・ホール(E.T.Hall 1914-2009年写真⇒)によて提唱された。


 高コンテクスト文化の最たるものが日本語で、文脈から様々なことを読み取ることが必要であり、言語表現に全てを含ませないことを美徳としている。当時の中国、アラブ諸国、ギリシャ、メキシコ、スペイン、イタリアの順で高コンテクストだとした。

 それに対して最も低コンテクストな文化はドイツ語(中でもスイスのドイツ語)であり、言語、ジェス... 続きを読む
言語変種(げんごへんしゅ)とは、方言の概念を拡張したものであり、同一言語内における特定の集団(もしくは個人)によって話されている様々な言語ヴァリエーションを指す。社会言語学において用いられる用語であり、英語 variety of language の訳語である。言語変種の例として以下のようなものが挙げられる。 地域変種(d... 続きを読む