IRIS

ネパール

 

 

 

ネパール内戦 : Nepalese Civil Warは、1996年から2006年にかけて、11年間にわたりネパール政府軍とネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト)の間で繰り広げられた内戦。マオイスト側は人民戦争(People's War)と呼んでいる。マオイストは「人民解放軍」を組織し、山間部、農村部を中心にゲリラ戦を展開。国土のかなりの部分(一説に8割)を実効支配した。

この戦いは「ネパール人民共和国」の樹立をめざすマオイストによって、1996年2月13日、に開始され、2006年11月21日、の包括的和平合意によって終結した。終結後は国際連合ネパール支援団(UNMIN)により停戦監視が行なわれた(2011年1月15日をもって活動終了)。


賄賂 : 国の上層部から下部に至るまで賄賂が蔓延し、例えば道路予算があっても政治家が懐に入れることに執心し、側近が咎めるとその口封じに賄賂を送り、さらにそれを見ていた者への賄賂に使われ予算の数分の1ほどしか工事に回らないため、地方の町などでは道路事情が非常に悪い。


 

ネパール人をランチに誘ってはいけません? 東洋経済

ネパール人の性格について

0 コメント