IRIS

 

 N1・N2・N3・の日本語能力試験 受験学校
『池袋日本語学校』

池袋日本語学校では動詞の活用は辞書形〔基本形〕から教えます。ます形から教えないでください。
 教材『みんなに日本語』では動詞を3つのグループに分けています。

日本語学校では動詞を3つのグループに分けています。
日本人が習った文法用語/学習者に教える文法用語

五段活用動詞「書く」「切る」など/動詞Ⅰグループ

上一段活用動詞「居る」「見る」など/動詞Ⅱグループ 
下一段活用動詞「見える」「食べる」など/動詞Ⅱグループ

カ行変格活用動詞 「来る」/動詞Ⅲグループ
サ行変格活用動詞 「する」/動詞Ⅲグループ
 ※動詞3グループは「来る」と「する」の二つしかありません。

動詞グループを瞬間的に見分ける方法
「書く」「読む」「立つ」「飛ぶ」のように「基本形・辞書形」が最後のひらがな「る」で終わっていない動詞は全て「1グループ」です。


問題は1グループにも「取る」「知る」のように「る」で終わる動詞があることです。「る」で終わる動詞だけ「1か2か」見分ける必要があります。
例えば「切る」と「着る」の動詞です。て形(連用形)にしたときに違いが表れます。
「着る」は「着て」に変わります。「切る」は「切って」に変わります。小さい「っ」に変わることを促(そく)音便と言います。音便形は「五段活用動詞/動詞1グループ」にしか出てこない特徴があります。「切る」は「1グループ」で「着る」は促(そく)音便がでないので「2グループ」です。




ない形とます形の違いを見る。

 書かない。
 書きます。
このように「ない形」と「ます形」の前が「か」や「き」に変わる場合は1グループです。段替え動詞

 教えない。
 教えます。のように「ない形」と「ます形」の前が変化しない場合は2グループです。変え無し動詞


☆辞書形が「る」で終わっていなければ1グループ
☆「る」で終わっている動詞は、「て形」にしたとき小さい「っ」が出てくれば1グループ
☆「ない形」「ます形」の直前が変化すれば1グループ、変化しなければⅡグループ




ローマ字で書いて見分ける方法。学習者にお勧めです。
ただし中国人はピンインと混乱しますので、ローマ字から教える必要があります。
1グループは「ru」の前が「a+ru」「u+ru」「o+ru」の場合です。
2グループは「ru」の前が「i+ru」「e+ru」の場合です。
------------------------------------------------------------------------
1グループ 
「止まる」「tomaru」「ru」の前が「a」です。
「売る」 「uru」  「ru」の前が「u」です。
「取る」 「toru」  「ru」の前が「o」です。
-------------------------------------------------------------------------
2グループ
「教える」「oshieru」
「見る」 「miru」
この方法は動詞2グループ「着る(kiru)」と1グループ「切る(kiru) 」のように矛盾が出てきますがそんなに沢山ありませんので例外として覚えてもらいます。

N1・N2・N3・の日本語能力試験 受験学校
『池袋日本語学校』

0 コメント