IRIS
アフロ・アジア語族:アラビア半島を中心とする西アジアで話されるセム語と、それと近縁な北アフリカで話されるハム語を総称した言語。
《アフロ・アジア語族の伝搬》
かつてはアフロ・アジア語族のホームランドをオリエントに求める見方もあったが、現在は北東アフリカのエチオピア付近というのが定説になっている。アフロ・アジア語族の拡散と関連する遺伝子としてY染色体ハプログループE1b1b系統があげられる[1]。E1b1bは北東アフリカ発祥とされ、言語系統樹、Y染色体系統樹のいずれもがアフロ・アジア語族のアフリカ発祥を示している。

 
セム語派:ヘブライ語(イスラエル、 ãƒ‘レスチナ)
     
アラビア語(アラブ首長国連邦、アルジェリア、イエメン、イスラエル、
          
イラク、イラン、エジプト、エリトリア、オマーン、
                            
カタール、クウェート、コモロ、サウジアラビア、
                             
シリア、スーダン、ソマリア、チャド、チュニジア、
                             
パレスチナ、バーレーン、マリ、モーリタニア、モロッコ、
          
ヨルダン、リビア、レバノン)
     
アムハラ語(エチオピア語)(エチオピア)

イスラエル人
ハム語派:エジプト語(エジプトの古代言語)

エジプト人

0 コメント