IRIS
 9月17日大阪の堺で休暇下船して2ヶ月半が過ぎた、家族でドライブに行ったり買い物に行ったり楽しい日々だが休暇も終わり、自宅待機の身分になった、何時乗船命令が来ても良い状態なんだが、下船前の私の予想では次は一番乗船したくないタンカー 日鉱丸/JGKV (164,630重量トン)の可能性が大きいな(写真) 、下船前にポートパーサーには 次の乗船がタンカーなら又霞峰丸が良いね、、と冗談交じりに話しはしておいたんだが、、、そんなある... 続きを読む

初めて持った自家用車



前回の休暇中はレンタカーを長期間借りて足代わりに重宝したが、今回はどうしよう、3ヶ月くらいの休暇中、田舎の事、車が無いと身動きがとれない、思い切って車を買おうか、色々とカタログを眺めて買うんなら、ニッサン、サニーかトヨタ、スプリンターだな一年のうち家にいるのは数ヶ月、相方は未だ車の免許が無いし、子供が小さいので教習所通いは未だ無理だ、そんなある日、知り合いから車をタダであげるからどうだ、、、、 ちゃんと動くのかね、、?  あー、ハンドルも付いているし、車検も取ってあるし、型が古いだ... 続きを読む

霞峰丸、休暇下船

霞峰丸/JFVQ      重量トン  121,298 トン 全長、    278 メーター 幅、      44 メーター 深さ、     21 メーター 満載喫水   15 メーター エンジン、   27,600 馬力 (ディーゼル) 航海速力   16 ノット 乗組員、    33 名 (最大39名) 1966年5月28日、日立造船因島工場で竣工(1981年海外へ売却) 春4月20日、ここ堺港で乗船して約5ヶ月9月17日朝、大阪... 続きを読む

奄美諸島沖を北上、、



シンガポールを通過した本船は順調に航海し2日前に台湾の南バシ―海峡を通過した、心配した台風の影響も無く奄美諸島沖(写真)を北上中だ、朝、自宅に電話してみたが、妻、長男も元気なようだ、インスタントコーヒーのカップを片手に持ちボートデッキに出てみると奄美諸島は厚い雲に覆われているがまだまだ熱いだろう、4月に本船に2度目の乗船をし5ヶ月振りに我が家に帰れる、、下船の準備はすべて完了している、他の社船の動静を見ると貨物船はどうやら暫く2等通信士の交替はなさそうだな、、と言う事は次の乗船もタ... 続きを読む


昨日マラッカ海峡通過中、本社より交替電報がきた、通信長も次航、下船するので私にもう一航海付き合え、、、と言うが、今航休暇下船すると恐らく正月前には又乗船となるだろうが、予定通り今航、堺で下船する事にした。昨夜シンガポール海峡を通過、海上から見るシンガポールの夜景も綺麗だね、、朝、目が覚めると南シナ海だ、昼食を食べにフライングパッセージを海を眺めながら歩いていると、真っ青な静かな海に波を切る音、エンジンの音だけが聞こえる、満載ドラフト(喫水)15メーター、つまり15メーター海面下に沈... 続きを読む


アラビア海を南下した本船は朝、セイロン島(現スリランカ)のドンドラ岬を通過した、赤道直下のインド洋はべた凪、海は青と言うよりも紫系の青、強い太陽の光が海面にギラギラ輝いている、フライングパッセージを潮風に吹かれながら艫のサロンルームの食堂に昼食を食べに、今日は洋食のフルコース、ボーイさんが、次席さん、焼き方はどうしますか?  焦げるほど焼いてくれる、、、、デザートは今日はアイスクリーム、これが一番美味いね! 食後、煙草を一服吸って又、フライングパッセージを、食後の良い運動だね、、、... 続きを読む


前航に引き続きイランのカーグ島に入港した、桟橋に着桟後、直ちに荷役作業が始まった。兎に角、外は暑い、40度はゆうに超えているだろう、荷役中は火気厳禁だ、荷役中は喫煙出来るのは艫の1部屋だけ、当時、ヘビースモーカーのhamさんにとっては辛い(今は、禁煙して20数年になりますが)、船首から暑い中をフライングパッセージをてくてくと歩いて艫までタバコを吸いに行く、とにかく火気は厳しく制限されるので仕事もある程度、制限される事になる、FAXの受信なども火花が散るのでNGだ、昼間は部屋のソファーにひっ... 続きを読む


アラビア海を北上しオマーン湾に入ると途端に暑くなる、右舷にイラン本土、左舷にオマーン王国が見える、赤茶けた色の丘が見えるんだが緑は見えない、そして間もなくホルムズ海峡だ、イラン本土とオマーンの飛び地に挟まれた33キロの海峡、日本に入港するタンカーの8割、年間約3,400隻がここを通過する、核開発問題でEU諸国、アメリカとにらみ合っているイランが「ホルムズ海峡を封鎖するのはコップの水を飲む事と同じく簡単な事だ、、」と言っているがアメリカの第五艦隊が睨みを利かしている、封鎖が現実となれ... 続きを読む

インド洋の肩振り、、



シンガポールを通過した本船は順調な航海を続けインド洋をペルシャ湾に向け航行している。夜の12時にワッチ(当直)が終わりposition report(規定でログブックに正午、20時の船の位置を記入するように成っているがブリッジからの位置を記入されたノート)を持ってブリッジに行くと当直のクオーターマスター(操舵手)が、次席さん、この間マージャンで皆をえらいカモにしたそうじゃないですか、 えー、もうそんな話に成ってるんですか、食堂では次席さんにカモにさせられたと大変な話題ですよ、、へー、普段あまり勝っ... 続きを読む


堺を出港以来、順調な航海を続けている、アップさんも下船し規則正しい通常のマイペースで仕事が出来る、台風の影響も無く三島型の本船では振動も無く乗船中の事を忘れる事すらある、、8日目、本船は予定通りシンガポール沖を(写真)通過した、何時見てもシンガポールにはたくさんの船舶が停泊している、客船、コンテナー船、貨物船、専用船、油送船、など等いろいろ停泊している。夕食が終わり部屋のソファーにひっくりかえり日本で買い集めた週刊誌を読んでいると珍しく部屋の電話が鳴る、、、何だー! 電話に出てみる... 続きを読む