IRIS
月日の経つのは早い、1月24日大阪の堺港で霞峰丸を休暇下船して2ヶ月が過ぎた4月のある日、本社より1通の電報がきた、  乗船命令だ、、、! 4ツキ20ヒ、サカイニテ、カホ○ゼウセンネガウ」センインカ (4月20日堺にて霞峰丸乗船願う」船員課 ) 実は前に本社の船員課に電話して乗船希望などを連絡してある、どうせタンカーに乗るなら霞峰丸が最高だ、最新鋭の20万トンクラスのタンカーはどうも乗り心地が悪い、その点、12万トンの三島型の霞峰丸は最高だ、、本社船員課勤務の経験があるんだ、多少は無理も聞いて... 続きを読む
1月25日に大阪の堺港で霞峰丸を休暇下船して早いもので1ヶ月が過ぎちゃった、2月初めに一人で鹿児島へ観光に出かけ、天気の良い日は1才を過ぎヨチヨチ歩きの長男を連れて3人で県内の観光地によく出かけた、、せっかく借りたレンタカーだ、使わない手はない、、、臼杵市の大仏見物、高崎山の猿を見たり、結構忙しい毎日だ、乗船は4月の下旬の予定だ、ポカポカ陽気のある日、家族3人で竹田市の岡城見物に出かけた(写真) 。 岡城は竹田市出身の滝廉太郎の ”荒城の月” の舞台になった城はあまりにも有名だ。源平... 続きを読む
上司のN通信長から 遠慮するな、ゆっくりすれば良い、! という言葉に甘えて一泊の予定が三泊してしまった、すっかりお世話になり又どこかの船で再会を約束して朝九時前に鹿児島市のN通信長宅を出発し一路、大分の自宅へ向かった。国道10号線を都城市を通り宮崎市へ、山の中、平野、と単純な道だ、レンタカーのニッサンサニーは順調に走り昼過ぎに宮崎市へ、ここでドライブインへ寄り昼食、ここで腹も満腹、30分ほど休憩をした後、いよいよ最後の行程、大分へ向かった。新富町、高鍋町、川南町、都農町を通り、海岸線、平野と結... 続きを読む
鹿児島の旅4日目、今日も快晴だ、二人を乗せたニッサンサニー、鹿児島、錦江湾を左に見て国道226号線を南下し途中、石油基地のある喜入町へ、ここは以前少し在籍した事のある会社のタンカーで入港した事がある、薩摩半島の南部は船員の多いところだ、特に頴娃町は多いところ、我社もたくさんの乗組員が住んでいる、有名な指宿温泉により半島南端の赤水鼻のフラワーパーク鹿児島、パーキングガーデン、ここから眺める開聞岳、見とれてしまう光景だネ、、開聞岳を眺めながら有名な池田湖へ、開聞岳の噴火によって出来たカルデラ湖、九... 続きを読む
朝、お世話になったT先生の官舎で再会を約束して別れ国道3号線を一路、鹿児島に向けて走った、、夕方までに鹿児島市内に入れば良い、急ぐ事は無い、一人旅だ、、右に八代海、天草を眺めながらニッサン、サニーは快適に走る、、鹿児島市近くで上司のN通信長宅に電話をして待ち合わせ場所を確認、市内で無事、再会しN通信長宅へ到着だ、、、奥様にも船で何度かお会いしている、夜は きびなご の刺身、奥さまの手料理で 薩摩の白波 ニッカウヰスキー G&G でグッツリとやったのは言うまでも無い、T通信長とはどう言う訳か短期... 続きを読む
休暇下船して10日くらいは色々と忙しい日々が続くが、ひと段落したところで乗船中から計画をしていた鹿児島方面に車での旅に出る事にした、しかし、長男は未だ1才と5カ月だし、この際、私が一人で出かけた。有難い事に船員は全国各地に散在している、あらかじめ乗船中に配乗表を眺めて、休暇下船中の知人の目星を付けておく訳だ、鹿児島県南部は特に船員の多いところ、鹿児島市在住の数回一緒に乗船した事のある上司の通信長、Nさん宅に寄る事にしている。自宅マンションを出発してR442号線,R57号線で阿蘇を経由して熊本へ、ここに... 続きを読む
7ヶ月振りに我が家に帰った、乗船する時に7ヶ月であった長男はヨチヨチ歩きだ、、次の乗船は4月だろう、3ヶ月の休みだが7ヶ月家を空けて休暇終了後は又半年は留守にする訳だ、やる事はたくさんある、、、しかし地方の事、どけへ行くにも足変わりの車が不可欠だ、、、かと言って1年のうち家にいるのは2-3ヶ月、妻も未だ車の免許は持っていない、数年は免許の取得も無理だろう、いろいろな維持管理費を考えると暫くの間は車を買うよりも借りた方が有利、、、、という結果になった。 いろいろなレンタカー会社と交渉して一番気に... 続きを読む
7ヶ月振りの休暇下船と言う事で嬉しさのあまり、いつもは10時頃目が覚めるが今朝は7時前に目が覚めた、ポールドを覗くと懐かしい日本の島影が見える、さっそく着替えてデッキに出てみると左舷に四国の山々が見渡せる、デッキでの潮風は結構冷たい、、、1月だもんなー、、! 部屋に戻り洗面を済ませ船尾(とも)の士官食堂へ、私は朝食を食べるのは停泊中だけだが、テーブルには私の分も用意してあった、味噌汁に焼き魚、焼のり、生卵、佃煮、納豆だ、、、食事を済ませ船首(おもと)に帰る時、フライングパッセージを歩きながら昨... 続きを読む
シンガポールを通過して南シナ海に出たとたん海は時化ている、この航路は半分は時化で半分はべた凪だ、、うまい事したもんだネ、、、季節風で前から強い風が吹いている、船が進んで自然に発生する風も加わって食事に船尾の居住区から船首の居住区に帰る時は向かい風で大変だ、ハンドレールに掴まりながら命がけだぜ、、、、300メーター近い船、ピッチング(縦揺れ)で船が折れないか心配になる、、、、 台湾の南端のガランピ岬を通過して台湾東岸を北上しいよいよ南西諸島まで来た、もう日本の領海内だ、乗船した時は夏の初めだった... 続きを読む
セイロン島、ドンドラヘッドを通過して3日目、マラッカ海峡で倉敷市の水島港からイランのカーグ島に向かう社船 ”日鉱丸/JGKV” 180,000トンとすれ違った、後輩のT君が乗船しているが卒業してからは会っていない、元気でやっているだろう、、そして難所のシンガポール海峡だ、船上からシンガポールの高層ビルが見渡せる(写真)、、、以前にも日正丸でシンガポールに入港した事はあるが一度、観光でゆっくりと来てみたいもんだね、、、、、、、

   本来であれば前航、大阪の堺港で休暇下船し正月は家で過ごす予定... 続きを読む