IRIS

仕事が休みの時以外はほとんど毎日と言っていいほど仕事で直江津港の横を通る、天候が大荒れの時はともかく必ずと言っていいほどいる直江津港中央埠頭付近の釣り人(写真)、この辺りは一応、関係者以外進入禁止、の立て看板があるが自由に出入り出来る、これが週末ともなると大変だ、多少の天候の悪さは関係ない、早朝にも関わらず釣り人でびっしり、、、車を見るとほとんどが県外ナンバーだな、、それも長野県が圧倒的に多い、海の無い県の人から見れば当然の事で、めずらしさ、憧れもあるだろう、恐らく車の中で仮眠したりするのだろう、、最近は24時間営業のコンビニがあちこちにあり大体の用は足りるから便利だ、、海岸通り沿いにある東埠頭の道路沿いの岸壁も大変な人だ、こちらは 釣り禁止、立ち入り禁止 の大きな看板がある、道路沿いにはずっと高さが2mくらいの金網の柵が張ってあるが、これを乗り越えるのか、どこかの隙間から入るのかたくさんの釣り人が糸を垂れている、、これだけの人だ、地元に与える経済効果もたいしたものだろう、そう言った意味では有難い話だ、、、 しかーしだ! どこにでも居るんだ、ごく一部のマナーの悪い人が、、地元の人が嘆いておられた、荒浜埠頭あたりで釣りをして物を食べたゴミ、中にはバーべキュウをした残りのゴミなどをビニールの袋に入れたまま置いて行ったり、道路脇の草むらに車の窓から投げて行ったり、、、、カラスがきてまき散らしたり、風で飛んで困る、、、と言っておられた。

 

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ


2 コメント

直江津港も随分変わりました、

佐渡汽船が減船になり、東日本フェリーの
九州、北海道航路が無くなったのが寂しいです、
でも貨物船は以前よりは多く入港するようになりました。 ham (2011-10-20 21:46)
幼少の頃、初めて直江津の海を見た時の驚き、感動を忘れることが出来ません。
あの美しい青い海原がいつまでも変わらず、未来に残したいでね。 すいちゃん (2011-10-20 06:37)