IRIS

今日の直江津港、、

数年前より建設が始まっている中部電力の火力発電所、燃料に使う液化天然ガス(LNG)を積んだタンカーの第1船が本日入港する予定になっている。色々なセレモニーがあり午前9時頃には着岸するとの情報もしっかりと仕入れておいた、昨日は夜の12時まで仕事、 と言う事は夜中に直江津港沖に到着して沖待ち、朝の8時頃から着桟に向け動き始めるな、、、昔船乗りのhamさん、ピピッと頭が働いた。

眠い目を擦りながらカメラを持って直江津港に向かった、中央埠頭にいつも停泊している3隻のタグボートの姿が無い、 おー、行ったな、、、、! 向かいに停泊している海上保安部の巡視艇の姿も見えない、急いで火力発電所の建設地に向かった、海岸通りに出るとちらっと青い船体の大型船が目に入った、埋立地の建設地の近くにくると、、、 しまったー、、! もう30分早ければ船体を良い角度からのシャッターチャンスがあったんだが、既にタグに押されて後進して着桟しようとしている、内心は球形のタンクをつけた「モス型」と呼ばれるLNGタンカーを想像していたんだが、「メンブレン式」と呼ばれるタンクと船体が一体になったタンカーだ、しかし今回入港したタンカーは想像していたより小さい、恐らく7~8万トンクラスではないだろうか、、それにしても船尾の居住区とエンジン部だろうかハウスが2つに独立している珍しい形の船だわ、、、直江津港に入港した船では過去で最高の大きさの船だろう、、、数年後、発電所がフル稼働するように成れば18万キロのタンクが3基あるがもっと大きなLNGタンカーが入港するだろう、、、

これから色々と試運転が始まり来年の7月から4基のうちの1基が営業運転に入り、4基が完成する2014年には出力238万キロワットを誇る火力発電所が完成する事になる。すぐ隣には国際石油開発帝石のLNG備蓄工事も始まっている、数年後には日本屈指のエネルギー基地となるだろう、、、。

 

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ


0 コメント