IRIS

広島県、因島のドッグを出港して40日近く、朝目が覚めて部屋のポールド(窓)を覗くと左舷に懐かしい日本の山々が望め、やがて室戸岬だろう灯台が遥かに見渡せる、何年も船乗りをやっていてもやはり日本の山々を見ると懐かしさを感じる、 やっぱり日本人なんだね、、、     まもなく本船は淡路島の東、友ヶ島水道にさしかかった、いよいよ大阪湾だ。暫くすると堺の臨界工業地帯沖に到着した、4隻のタグボートも本船の船首、船尾に寄り添うように付いている、今航は初めて入港する港、パイロット(水先案内人)も乗船してきた、いよいよ堺港の関西石油の専用桟橋に向け静かに動き始めた。        (写真はタグボートに引かれ着桟する社船 ”日王” 303,994 トン)

入港前になると船内も何となくざわつく、、サロンルームの誰も見ていないテレビを覗くとちょうど甲子園球場の高校野球をやっている、今頃、下船中で有れば恐らくテレビに釘付けだろうが、、、関西石油(今は名前が変わっているだろう)の専用桟橋に着船すると税関、代理店が乗船してきた、入港手続きも20分位で終わり関西石油の関係者、停泊中の作業の応援にポートパーサー、ポートヘルパー、訪船してきた家族、交替の乗組員などで船はごったがえしている、、、、明日の夕方には荷役は終了するが組合との協定でもう一晩停泊して3日目の朝早くには又ペルシャ湾向けに出港する予定だ。昨年秋に生まれた長男も9カ月だ、今航は妻は訪船しないし次航の楽しみだ、、長男も1才近くになるし大きく成っているだろう、、、、、、   (写真は鹿島港で荷役中の社船 ”日王” 303,994トン)

 

ランキングに参加中、一つでも二つでもクリックして頂けると大変うれしいです。 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

0 コメント