IRIS
金谷山スキー場

標高94メートルの金谷山からは、頚城平野、日本海、米山を一望することが出来ます。 夏はスーパーボブスレー、ハイキング、蛍が飛び交う、6月には「ほたる鑑賞会」、冬はスキーと、周辺は年間を通じアウトドアースポーツの楽しめる広場として整備されている。
又ここ金谷山スキー場は日本スキー発祥の地として名が知られて居ります。
かってはここ金谷山スキー場で冬の国体の(昭和39年だったろうか?)ノルディック種目が行われた会場である。 ”スキー発祥の地”と言うことで
毎年の様にジャンプ競技が行われた、しかしその60メーター級のシャンツエも今は無い。。。 レルヒ銅像

”メーテュル、スキー” (スキーを履きなさい)
この言葉で日本で始めてスキーが始まったそうです。オーストリアのレルヒ少佐は、日露戦争で勝利した日本の陸軍の研究を目的として来日し、一年余りを高田 で過ごしました。 明治44年(1911年)1月12日ここ金谷山で日本に初めてスキーが伝えられました。 この間、陸軍第13師団の長岡外史師団長らよき理解者に恵まれ、スキーの指導にも熱心に力を注ぎました。 この像(写真右)は昭和36年金谷山にスキー発祥50周年を記念して建てられました。
レルヒ祭

レルヒ少佐によって日本にスキーが紹介されたのを記念して毎年2月にレルヒ祭が金谷山公園で行われます。当時の様子を再現した一本杖スキーの実演など色々なイベントが行われます(写真左)
同じスキー場内に当時のスキーやレルヒ少佐に関する資料が展示されている、日本スキー発祥記念館があります。

全国に名をとどろかせたスキー場も温暖化の影響か?小雪でスキーリフトの動くのは例年僅かの期間である、(事前調査が必要)。
しかしスキーをやられる人には是非、スキー発祥の地、金谷山を一度尋ねて頂きたい。。。。。。。軽食喫茶”ロッヂ”がある、、、、、、
ここでコーヒーを飲みながら景色を満喫して下さい、寿命が延びるってもんだ。

  ランキングに参加中です
  ポチッとクリックサンキュウです⇒ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

0 コメント