IRIS

愛犬が逝って10年



我が家の愛犬ミッキーが逝って今月で10年になる。一代目はシエルティーの名前はジョリー、二代目は同じくシェルティーの名前はラッキー、三代目はパピオンの名前はミッキーだ。家族では私が一番可愛がったせいもあるが私にいちばんなついていたネ。私が寝る時には察して一番に階段を登り布団の上で寝たり寒くなると布団にもぐりこんでくる、私が仕事に出かける時は玄関までついて来て、玄関のマットの上で寝て私の帰りを待っている(写真)。可愛いもんですなー、、そんな愛犬だが10年前の1月に11歳で病死した、故郷... 続きを読む

同姓同名



先日タクシーでお供した80歳くらいのお婆ちゃん、運転手さんの名前は ○○○○○○ジ さんと読むんですか? と聞いてこられた、 イエ、私は ○○○○○ジ と読みます 、そうですか、私の同級生に運転手さんと苗字、と名前が全く同じ人がいましてね、名前を見て同級生かと思いびっくりして先ほどから後ろ姿を見ていたんですが、ちょっと違うような気もするが? と思って聞いてみました。苗字、名前が全く同じだが苗字の一字の読み方が違うだけのようだ。県内の○○○温泉の○○○旅館のご主人の筈だが、との事だ。通院している整形... 続きを読む


1週間に一度の日曜日だが、今日は特別に待ち遠しかった、天気予報では雨のち曇り、、、予定がびっしり詰まっているがどこまで出来るかね。いつもより2時間ゆっくりと寝て、簡単に朝食、いつものテレビを見て、先ず1か月半ぶりに大衆散髪へ、¥1,400円也で爺の頭には充分だ、昔のように3,900円も払う気になれないね、帰りにホームセンターに寄り灯油を60リッター買ったが、これが無くなる頃にはストーブはいらなくなるだろうで。散髪から帰ると妻が入れ替わりに買い物に出かけると言う、昨年の年末ジャンボ宝... 続きを読む


本船は順調な航海を続け赤道を通過した、初めての経験だ、ひょっとして赤い線でもあるんだろうか? 佐賀関を出港して12日目、ソロモン海に入った、第2次大戦の激戦海域だ。午後の当直もそろそろ終わり、夕食の御馳走は何だろうかな?? 突然本船の左舷ハウスの前方で(ちょうど無線室の前だ)ボーンという大きな反響音。何事ダー、なにが起こったのか解らない?? こりゃ鯨と衝突したな? ポールド(窓)から外を覗くが、それらしき光景は見えない、そーだ、第二次世界大戦で沈んだ戦艦をひっかけたんじゃないだろう... 続きを読む

寒~い毎日



強い寒波の影響で日本海側では大雪となっている、南の国九州のご当地も2~3日寒い日が続いている、内陸部や一部の地域では多少の積雪があり、天気予報やニュースでは大雪になりました、、と報じていた、んッ、、市内でも昨日は雪がちらついた、地面に落ちた頃には溶けていて白くもならないし、道路も乾いているがね、、国東半島を通る国道213号線は一部で数センチの積雪があり空港道路、高速道路は通行止めとなり一般道も数か所で交通事故などが発生して大渋滞となり空港行きのリムジンバスも、いつもは1時間ちょっと... 続きを読む


私の若い頃は 連れ込みホテル と言ったがその後 ラブホテル と呼ばれ今はファッションホテルと呼ぶようだな、、。昨日の朝はファッションホテルに3~4回行ったね。市内中心部の良く行くホテルに2台口で配車になった、薄暗いホテルの駐車場に着くともう一台はまだ来ていない、経験からして1台目には大体が女性が乗車する、間もなくもう一台も到着し30歳くらいと思われる男女が出てきて、予想通り私の車に女性が乗車した。服装、喋りかたなどから判断するとその道の女性ではなさそうだ、とちゅうでコンビニへ寄り目... 続きを読む


毎日NHKラジオ第一放送で朝の7時ちょっと前だが「今日は何の日」と言うのを放送している。今日も点呼をうけて出庫して中心部に向かっていると、今日は何の日で昭和47年(1972)1月24日グアム島で元日本兵の横井庄一さんが28年ぶりに発見された日と言う。日正丸で千葉県君津市の新日鉄住金君津製鉄所から鋼材を積んでパナマ運河を経由しイタリアのアドリア海に面したRavenna(ラベンナ)で荷物を少し下しベネティア(ベニス)近くのChioggia(キオジャ)に停泊し鋼材を下していた。通信長に本社宛... 続きを読む


昼間の勤務をやっていると、お客様の6~70パーセントは高齢者、それもほとんどがお婆ちゃんだ、奥さんが買い物や用事に出るが旦那さんは家におられるんだろうがね、しかし高齢になると旦那さんに先だたれて一人暮らしのお婆ちゃんが多いね。普段は家で一人暮らしで、外出でもされると比較的に高齢な人に会うと話をしたくなるのか、話しやすいのか、こちらから聞きもしないのに話をされる、、、中心部の法務局が入っているビルに配車になった。80歳はとおうに超えているだろうお婆ちゃんが乗車された。内心、法務局なんか... 続きを読む
作詞・ 横山たか子     別れの磯千鳥       作曲・ フランシス座波編曲・ 大橋節夫 この曲の作曲者のフランシスコ座波(ざなみ)は、本名座波(ざは)嘉一と言い、両親は沖縄出身でハワイに生れた日系二世。父はハワイで財を成した日系一世である。この曲の作曲は1941年頃と言われているが彼は1949年、35歳の若さで死去した事で詳細はわからない。歌詞も日本の無名の女学生が作ったとも言われているが真相は不明のようだ。 井上ひろしは昭和16年8月23日横浜市に生まれた。水原 弘、守屋 浩、と... 続きを読む
津久見市はセメントの町と呼ばれるほどで、太平洋セメントに関連する企業が多い。町の周りの石灰石の鉱山から流れるミネラル豊富な水が海に流れ、豊かな藻場を育みバッタリ漁という昔ながらのモイカ漁(正式にはアオリイカ)が今も残るほどでモイカ(写真)の多い場所と言われている。津久見市は半年前の7月の豪雨で大きな被害が出たところだ、仕事で何度か出かけたが街の中心部が浸水し気の毒で目を逸らしたくなる光景だった。こんな津久見を支援しようと昨年より旬の モイカフェスタ+ヨコズーナ(津久見産マグロ)が行なわれていた。... 続きを読む


大分県の佐賀関を出港して順調な航海が続いている。夏のこの航路は台風に遭遇しない限り、たいした時化も無く白波が立つ程度だ、朝起きてから夜中に寝るまで、判で押したように進んでいく。5日目に遥かグアム島沖を通過した、午後のワッチ(当直)中にニューカレドニアからニッケル鉱を積んで佐賀関に向かう社船、日正丸とすれ違いVHFでちょっと話したが船影は見えない。夕食後レクレーションルームを覗くと麻雀が2卓動き、囲碁をやっている乗組員がいるだけだ、日本で積み込んだVTR(ビデオ)でも見ようと畳の部屋... 続きを読む
仕事で朝お客様をお迎えに行くと、母親と幼稚園くらいの子供が乗車、○○にある○○○までお願いします! かしこまりました、、 あー、新しくできた宗麟大橋(そうりんおおはし)を通って行ってくれませんか、まだ渡った事がないので! あーそうですね、私も未だ通ったことがないんです、、14日の日曜日に開通した宗麟大橋だ。本来であれば仕事柄、夕方に行って渡ってみようとも思っていたんだが生憎の体調不要で1日中家にいたわけだ。仕事柄朝夕の10号線、滝尾橋付近の渋滞には通るたびにイライラしていた、10号線と並行して走る宗... 続きを読む

腹の立つお客



毎日たくさんのお客様をお供すると色々なお客さんがいる。時々だが腹の立つお客がいる、特に料金の事で文句を言うお客が一番腹が立つね、、大体文句を言うお客はワンメーターとか比較的に千円以下くらいの短距離のお客に多い、短距離の場合は目的地までのコースもそんなに何種類も無い、今の時代、わざわざ考えて遠回りをするドライバーはいない、、ご当地の小型タクシーは基本料金は¥640円で1,5キロメーターになっている、あとは60円ごとにメーターが上がる、料金は距離と時間が併用されているため止まっていても... 続きを読む
飯綱山(1,917m)、戸隠山(1,904m)、黒姫山(2,053m)、妙高山(2,454m)と並び北信五岳に数えられる斑尾山(1,382m) 麓の 野尻湖(写真)は斑尾山の噴火によって出来た美しい湖である、、文部省唱歌の「ふるさと」に歌われる「うさぎ追いしかの山、、、、」の山はこの斑尾山を指すと言われている、、、 2011.10.29by ham   
続きを読む

冴えない日曜日



昨年末に風邪をこじらせて体調不良に陥り、いらいずっとシャキッとしない毎日、、遂に木曜日、金曜日と仕事を休んでしまった、二日間一歩も外には出ず布団の中。この際土曜日も休んで静養しようと思ったが大学のセンター試験で朝方は忙しくなるだろうし出勤したがやはり体調はイマイチだった。今日あさ起きるとだいぶ調子も良くなってきたように感じる、よし、今日も一日ゆっくり休もう、、と言う事でテレビを見たり、横になったりで一歩も外の空気を吸わず一日が終わろうとしている。食欲も無く幸か不幸か体重も3~4キロ...

遂にダウン



朝起きると気分が冴えないし食欲もない、家を出る時間が迫ってくるが体調が思わしくない。この状態での運転はヤバイなー、思い切って仕事を休むことに決断した。昨年末からの風邪がまだ完全に治っていないのも原因だろう、9日にクリニックに行き薬を処方していただいた薬を飲み布団の中に入りウトウトして、気が付くとあっという間にお昼だ、妻が好物の寿司を買ってきてくれたが2巻食べて、ご馳走様!また布団に入り夕方までグータラだ、相変わらず食欲が無いが気分は少し良くなった感じだ。ちょこっとパソコンに向かい、...


今日1月10日は百十番(ひゃくとーばん)の日、昭和60年(1985)12月、110番の適切な 使用を推進しようと警察庁が定めたもので語呂合わせだ。もともと110番は昭和23年(1948)10月1日に東京などの8大都市で始められ、東京は初めから110番であったが大阪、京都、神戸では1110番、名古屋では118番などのように地域により番号が異なっていたが、全国的に110番に統一されたのは昭和29年(1954)だ。昔アマチュア無線が趣味の王様とまで言われた時代がある、何と言っても自宅にいて全国、全世界の... 続きを読む


停泊中はストアー(倉庫)の整理、掃除、無線機器、レーダー、などのマニュアルを熟読し備品などを入念にチェックした。鹿児島出身の通信長は技術的にも詳しく仕事は厳しいとの定評があるベテランだ。予定では来年の春頃には休暇下船の予定だがどうなるかね。夜は通信長の部屋で一杯となった、途中からセコンドオフィサー(2等航海士)も加わり3人で宴会だ、と言っても宴会の支度は私の仕事だがね、、船内で飲む酒類は免税なので市販品よりも驚くほど安い。通信長は藤 圭子の大ファンでニューカレドニアのヌーメアで買っ... 続きを読む

新年にあたり、、



平成30年の正月も今日は七草、昨年末来の体調不良もようやく回復に向かってきたように思うが、日曜日なのでゆっくりと寝、遅い朝食も今日は七草粥だ。炬燵に入りテレビを見ながら昼過ぎまでウトウト、、今日は一歩も外には出ずに過ごした。昨年の12月のいつごろだったろうか、一日も休むことがなく飲み続けた焼酎、いつもだと無くなる前にはちゃーんと買ってきていたが、買おうという気にもならず、無くなると飲みたいという気にもならず、それ以来毎日の晩酌はやっていない、正月に缶ビールを1缶飲んだだけ、別に飲み... 続きを読む