IRIS

11月も終わり



11月も今日で終わり、明日から師走だ、、郷里では周りの山々が雪で白くなっているだろう、ご当地の山々は先日、由布岳、鶴見岳が頂上部分がうっすら白くなったが日中に気温が上がると消えてしまう。数日前より寒い朝はちょこっとストーブを入れるが、部屋が温まれば切ってします、別に無ければ無くてもいいんだが、相方が寒いと言いうので入れるだけ、炬燵で十分だ。月初めに2回、九重の指山と小鹿山に登って来たが、紅葉が見頃で天気も良く最高の山行きであった。12月も出来れば2~3回くらいは登りたいと思います、、仕事...
毎日ガスがかかっている中を航行しているが千島列島沖あたりに来ると北海道のJOC(落石)JHK(函館)などの中波の海岸局の信号が強力に入感する、日本に帰って来たなー! 実感するね。北海道沖から一気に南下し、午後の当直中、右舷に房総半島だろう日本の島影が見えてきた。まだ携帯電話なんてのは無い、船の船舶電話が通じるようになり乗組員が家族に電話をしているんだろう、暫くは順番待ちが続く。間もなく右舷に房総半島の最南端、野島埼の白い灯台(写真)が見え、左舷に伊豆大島が見えている、そして東京湾に出入りする大小... 続きを読む

私の第一の人生



私の場合、過去、未来を含め自分の人生を振り返ると大きく四つに分けられるように思う。生まれてから義務教育の中学卒業までが第1の人生だ、この間は大体の人はそんなに大きな違いが無いのではないだろうか。誕生して小学校に入学するまで保育園か、幼稚園に行く、百姓生まれの私は幼稚園、保育園と名の付くところには行っていないが、同級生をみても保育園に行った子はいない。昼間は晴れていれば母親にリヤカーと呼ばれる荷車に乗せられて、畑、田んぼへ連れて行かれる、畑、田んぼが私の保育園のようなもんだ、もっとも... 続きを読む

菱ヶ岳(ひしがだけ)

菱ヶ岳は山登りに興味を持ち始めて、南葉山、米山、に続き3山目に登った山だ。県北にも菱ヶ岳はあるが郷里の上越市安塚区に位置する山で、頸城平野から北に米山、南に妙高山、東に菱ヶ岳と修験の霊山として明治初年に至るまでは女人禁制の山であったと伝えられている薬師信仰の山です。頂上からは日本海、同じく薬師信仰の米山、阿弥陀信仰の日本百名山の妙高山を見渡すことができます。山麓には立派な施設の ”雪だるま温泉” があり冬はスキーで賑わう、、、 2011・8・6by  ham 
続きを読む
先月末に JPN TAXI をブログにアップさせていただいたが今月の初めに当社に県内の1号車(九州でも1号車と言われるが、それはどうかね?)が納車になり(写真)、関係者が集まり当社で引き渡し式が行なわれた。翌日から143号車の担当者が乗務している、トヨタ、ニッサン、ホンダ、の販売されているボックスタイプの車種をタクシーに使用しているのはご当地ではよく見るが、ロンドンタクシーに似た本格的なタクシー仕様のトヨタのJPN TAXI(ジャパンタクシー)だ。納車になり3週間ほど過ぎ、色々な同僚に意見を聞いてみる... 続きを読む

可愛いお客さん



今日の勤務もそろそろ終わりに近づいた、、キンコン、キンコン、市内南部の公民館に4台口で配車になった。現地に着くと既に3台は現着していた、間もなく引率の数名の先生に伴われて小さな子供たちが賑やかに出てきた。近くの保育園児で保育園までお供するわけだ、車の助手席に引率の先生が乗り、後ろの席にちびっ子が乗り込んできた、 おねがいします! お願いちまちゅ! 先生に教えられているんだろうが、偉いもんだね。走り始めると、まー賑やかなもんです、運転手さん、かっこいいなー、僕もタクシーの運転手になろっ... 続きを読む

ちびっ子二人

 郷里の山間部では雪が積もったようだ、近くに住む二歳と0歳の孫の仲良しちびっ子二人、毎日のように我が家にやってくる、、賑やかでそれなりに楽しかったな、、、 遠く離れてしまった今はなかなか会えない、お姉ちゃんは二年生、妹は来年から一年生だ、小さな子供の成長の早さには驚くが、こちらはどんどん老いていく、、、
続きを読む
仕事で市内を流していると歩道に赤いのぼりが見える(写真)、、 あれー? あッ ”雪中梅”だ! 郷里の三和区にある丸山酒造の名酒だ。遠く九州の、しかもご当地には全国的人気の麦焼酎「二階堂」「いいちこ」がある、懐かしいやら、嬉しいやら、暫く車を止めてのぼりを眺めていたが、思い切ってお店に寄り、状況を話し写真を撮らせていただけないか訊ねるとスタッフの女性がニコニコしながら いいですよ! 快諾をいただいた。 なるほどお店を見ると看板に、「八海山」「久保田」「〆張鶴」「越乃寒梅」など越後の名... 続きを読む
毎日、日本時間の夜に当社の社船が自船の動静(入、出港、通過など)、通信士の乗下船などの情報を連絡する社船連絡と呼ばれるものがある。当社は西向け航路の船舶が多いため南シナ海、ベンガル湾などを航行している船舶が主に当番船となり中継などを担当するようになっている。しかし本船はアメリカ航路の為、日付変更線あたりから東を航行中の時は社船連絡の時間がワッチ(当直)から外れるため社船連絡には出れないんだが日本に向かい日付変更線を通過し私のワッチ時間に社船連絡の時間が入ってきた。本船も ○○ヒエバレットハツ、ナゴ... 続きを読む

両子寺の紅葉

 大分県内の紅葉のスポットはピークを迎えている。昨年は豊後大野市朝地町にある人気スポットの用作公園(ゆうじゃくこうえん)、竹田市の岡城に行ったが、今年は日曜の昨日に紅葉の人気スポットの上位を占める国東半島の両子寺(ふたごじ)に行ってきた。ご当地としては寒い朝を迎え風も少し冷たかったが北国から見ればしれているネ、、国東半島のほぼ中央に位置する両子寺は六郷満山天台宗の古刹だ、寺院の裏には国東半島の最高峰の両子山がある、3年前に登った山だが寺院の横から登る。寺院に着くと結構たくさんの人が来ている、... 続きを読む
 この秋一番の寒い朝を迎えた16日、大分市の中心市街地で今年も「おおいた光のファンタジー2017~星空のランウエイ」が始まった。夜、大分駅府内北口前ひろばで歌手のクリスタル・ケイさんらが出席して点灯式が行なわれた。先月より駅ビル、駅前広場、中央通りの両側歩道の街路樹、照明塔などに業者がLED電球などを取り付ける工事が行われていたんだが、、、来年の2月14日まで午後5時から午前零時まで点灯され、毎時ちょうどと各30分に季節に合わせた光と音のショーが大分の冬を色鮮やかに演出する。★ 昨年の動画  &nb... 続きを読む

寒ーい朝、



今年も 「今朝はこの秋一番の冷え込みとなりました、、、」 こんなニュースが聞けるようになりました。しかーしだ! ご当地の今朝の最低気温は約10度、日中の最高気温は15度、会社に出勤すると仲間が、今朝は寒かったねー、でも○○さんは寒いところの出身だから寒くは無いでしょう! えー、暑くは無いですが、特別に寒いっていう認識は無いですね、、朝のうちは車の暖房を弱く、ちょこっと入れたが日中は冷房を弱くして、入れたり切ったりの繰り返しだ。朝登校する女子高生のグループを見ていると三分の一の女子高生は首... 続きを読む


ゴミ捨てに行って外から帰った妻が、お父さん、雨降ってるよ、運転気をつけてね! わかっちょるって(解ってるって)、6時過ぎに家を出たが雨降りの朝は未だ暗い。今日は忙しくなるかなー、、車の点検をし点呼を受けて張り切って出庫した。市内の中心部を流していると7時過ぎ、露地の交差点に二人の男女が立って男が手を挙げた。ファッションホテルのすぐ近くの交差点だ、こんな時間に二人ズ連れ、間違いなくホテルの帰りだな、、若い女性と40歳くらいの男だがお世辞にも女性にもてる顔つきではないね、、男が○○町を経由し... 続きを読む

大分百山 小鹿山登山

先週の九重の指山に続き今週も最高の天気だと言う、何処の山に登るか迷ったが、夕方から用事もあるし比較的に近い山にしよう。別府の裏側、志高湖、神楽女湖の近くに位置する大分百山の小鹿山(おじかやま)に決めた。志高湖の北側を半周し小鹿山(727,6m)に登り、青少年自然の家に下り、自然観察路を神楽女湖(かぐらめこ)に出て志高湖の南側から駐車場に戻る1周コースとした。 湖畔のキャンプサイトでは多くの色とりどりのテントが並んでいる(写真)、駐車場で支度を整え湖畔の舗装道路を紅葉の綺麗な周りの景色を眺めながら、... 続きを読む
冬型の気圧配置の今日、南の国は天気は良く晴れていたが季節風が吹き、落ち葉が風に舞っていた。南国もすっかり秋が深まってきた感がある今日この頃、、、子供の頃日曜日の午後、NHKののど自慢でよく歌われていた曲に「山のけむり」「落ち葉しぐれ」があったのを覚えている。「落ち葉しぐれ」を歌った三浦洸一(本名 桑田利康)は昭和3年(1928)1月1日、神奈川県三浦市三崎地区の浄土真宗本願寺派最福寺の三男として生まれた演歌歌手だ。昭和28年5月「さすらいの恋歌」でデビューした。その年の9月に出した「落ち葉しぐれ」が大ヒッ... 続きを読む

松のこも巻

7日は立冬、暦の上では冬の始まりだ、ラジオ、テレビで「恒例の別府公園の松の木のこも巻きが始まった、、、」 ご当地に引っ越してきて冬になると、別府市内の国道10号線沿いの公園の松の木を見ると地面から1メーターくらいのところにコモを巻いてある、あれはどう言う意味かねー?。やっと意味が解りましたってー! 仕事で別府まで行き、お客様が下車され又車まで戻られるまで1時間ちかく別府公園前の広い駐車場で待機した(写真)。別府公園内の637本の松の木および市内の17公園の1011本の松の木に市の職員が4日がかりでこ... 続きを読む

五年目になりました、



四年前の昨日だ、新潟から北陸高速道、舞鶴自動車道、中国自動車道、瀬戸大橋、松山自動車道を経て愛媛県佐多岬半島の三崎港からフェリーで夕闇せまる大分市の佐賀関港に着き大分の土を踏んだ。1泊2日の約1,000キロの道のりだった。当日はホテルに宿泊し翌日の今日から正式に大分市民になった。今日から五年目に入った、まだ1~2年かと思うんだが、月日の経つのは本当に早いねー! せっかく遠い九州の地に来たんだ、あそこにも行ってみたい、、ここにも行きたい、、あの山にも登ってみたい、、○○を食べに行ってみたい、、... 続きを読む

清峰丸、 肩ふり



北米航路は冬は日本を出港してからアメリカに着くまで時化ている、しかし今の時期は大時化は滅多にないがアメリカを出港してから北海道沖まで毎日ガスがかかり何も見えない。霧笛が不気味に鳴っている、北米材をデッキ(甲板)まで満載しているため、重心が高くなりローリング(横揺れ)もゆっくりとした周期で揺れている。9時過ぎに目が覚め、久し振りにブリッジに行って肩を振ってくるか(肩を振るとは船乗り言葉でお茶飲みをする、暇つぶしをすると言うような意味だな)。当直のサードオフィサー(3等航海士)は商船大... 続きを読む

九重 指山登山

11月に入り最初の日曜日、最近に無い雲一つ無い素晴らしい天気となった。先月は過去にないような雨の多いご当地であった。約1か月ぶりの山行きを決めていたが何処に行こうか? 腰痛も未だ通院中で、あまり高低差のある山、歩く時間の長い山はちょっと不安がある。色々と思案したが九重連山で登っていない山、指山(ゆびやま)に決めた。6時に家を出て1時間半ちょっとで登山口の長者原(写真)に到着した。広い駐車場は既に8割くらい埋っている、あと30分もすれば満杯になるな、、飯田高原の朝は寒いくらいだ、360度どちらを見ても紅葉が... 続きを読む

なさけねー男?



普段よりも1時間ちかく遅く出勤した、土曜日は比較的に暇な日が多い、しかし長距離が出るのも土曜日に多い。朝一番で市内中心部のあるファッションホテルに配車だ、モニターにはお客様の名前が記入されている、いつもはホテルから電話が入るんだろう、個人情報もあり名前が記入されていないんだが? これは本人が直接電話してタクシーを呼んでいるな、、薄暗いホテルの駐車場に入ると週末のせいもあるが駐車場はほぼ満車だな、この業界は不景気知らずだねや!部屋の入口のところに若い男女が二人、しかし様子がおかしい、... 続きを読む