IRIS

賑わう大分港



国道197号線の佐賀関地内を走っていると沖合には6はい(6隻)の大型船が沖待ちでアンカー(錨)を降ろしていた(写真)、懐かしいねー!
 
大分と言うと温泉では有名だが立派な港湾施設があるとは、あまり知られていないのではないだろうか。港湾法上の重要港、港則法上の... 続きを読む

入港準備

伊豆諸島の東方沖を北上し秋田に向かっている、入港書類の作成にかからないといけない、通信長と手分けして作るんだが大部分は私がやらされる、、昔はパーサー(事務長)が乗船して書類を作成していたが今は合理化で事務部が作成する事になっている、海上が凪の時は良いんだが時化ている時は大変だ、今のようにパソコンでもあればいいんだが、当時はそんなものは無い、タイプライターとカーボン紙を入れて手書きだ、、船が揺れるときはタイプは使えない、それでも走っていれば入港するので間にあわせなければいけない、船が揺れている時... 続きを読む

遠来の友



今月に入り2回目の飲み会はタクシー業界にとって1年で一番いそがしくなる3週目の週末だ、夕方から予約で一杯で予約を受けられない状況だと言う。郷里の新潟県の長岡から昔の同業のS氏が県内に来ていて、ご当地での昔の同業者で、ご当地で唯一の有人のU氏と3人で久しぶりに一杯やる事になっている。S氏はいつも新潟県から車で九州に入り各県の顧客を廻り、又車で新潟県まで帰って行く、70歳を少し過ぎているが元気だね、、U氏には昔は随分お世話になった。3人揃えば昔の話、身体の話、など話し始めたら尽きることが無... 続きを読む


歳をとると睡眠時間が少なくなると言う話をよく耳にする、実際わたしの周りの同年配の人の話を聞くと睡眠時間は6時間位と言う、、今の私はばっちりと8時間は寝る、とても6時間くらいの睡眠では、それでなくてもボーっとしている頭が、さらにボーっとして仕事にならないし、事故でも起こしたら大変だ。よく寝れるので逆に、どこか体でも悪いのか心配になるんだが、、特別に疲れるような体力も使わないし、運動もしない、しかし決して若くはない私にとって、自分では気が付かないが運転に神経を使うんだろうなー、と思って... 続きを読む

パチンコ狂



10時、いつものように朝の忙しい時間帯が終わり公園横の道でトイレ休憩だ、ちょうどマンションの陰で死角となり、さぼるには絶好の場所で私の秘密場所だ、とは言えGPSが搭載されているので配車室では場所は確認できている。座席を倒してひと息入れると、 チンコン、チンコン、 配車だ、モニターを見ると、 又この人か、、10時過ぎによく配車になる、行き先は決まって駅の○○口、 初めの頃は こんなラフな格好でいつも電車に乗り何処へ行くんだろうか? 不思議におもったんだが、最近になりやっと解った。駅の○○口... 続きを読む

青雲寮



油送船 ”鶴邦丸” に乗船するまで青雲寮(写真)でお世話になる事にした。寮と言えば名ばかりで、東京の高級地、高輪の泉岳寺の横に位置する場所にはおおよそ不似合いな築4~50年は経っているであろう、この辺は空襲に遭わなかったんだろうか、木造二階建ての一般の住宅を改造して寮に使っている。一階は8畳ほどの部屋がリビング兼食堂兼自習室だ、両側の押入れがカーテンで仕切られたベッド兼自室だね、プライバシーなんて気の利いたものは持ちあわせていない。二階はお客さん用、先輩用に使っている、ここ... 続きを読む

海鮮丼



関アジ、関サバ、は今や高級魚として全国に名をとどろかせている。一杯飲みに行き関アジ、関サバ、の刺身をたのむと結構なお値段だ、、孫たちにそろそろミカンを送ってやろうと佐賀関町に出かけた、、もう40数年前になるが南太平洋のニューカレドニアからニッケル鉱を積んで、約1か月に一度佐賀関に入港した、思い出が詰まった懐かしいところだ。ミカンを送り我が家用に、ミカンの袋詰め放題でどっさりとゲ... 続きを読む

岡 城址


今年の紅葉は天候異常でいつもと違う、、と言う話をご当地ではよく耳にする、実際に近隣の山に登っても紅葉がなにかちぐはぐな感じがした。先日大分県竹田市の岡城址に実に39年ぶりに行ってきた(写真)。浦島太郎で昔とえらい違いだ、天候にも恵まれ素晴らしい紅葉を見ることが出来た。

続きを読む

♪ 新潟県民歌 ♪


新潟県民歌
作曲:明本京静
作詞:高下玉衛
   (1)世紀明けゆく西北の
   山河新たに旭(ひ)は映えて
   県民二百五十万
   希望に燃えてこぞり起(た)つ
   ここぞ民主の新潟県

(2)五穀の宝庫土壌(つち)肥えて
   尽きぬ越後の野の幸に
   文化産業絢爛(けんらん)と
   花咲き薫るこの繁華(はんか)
   興(おこ)せ自由の新潟県

(3)日本海の若潮に
   弥彦妙高佐渡晴れて
   世界をむす... 続きを読む