IRIS


いつもはエンジンの心地良い振動の中で目が覚めるんだが、いつもと違う雰囲気に目が覚めた、シーンとしている、慌ててベッドから飛び起きてポールドを覗くと本船は停船している、直ぐに着替えて無線室にいくと通信長が書類の整理をしている、おー次席さん、まだ寝ていればいいのに、本船は3日間ほど沖待ちだ! との事。なにもやる事がない、テレビを見るか部屋で本でも読むか、なにもやる事が無いのも辛いもんだね、乗船したばかりで飲む酒も無い、夕食を食べて酒を買いに通船で上陸した、本船のほかに港内に停泊している... 続きを読む

久しぶりの日曜日



先週は月曜日に山に行った為に休んだので日曜日は振替出勤した、従って二週間ぶりの休みだ。いつもより少しゆっくり寝て6時に起床だ。やる事はいっぱいある、大事なパソコンのセキュリティーソフトの3年の有効期限が間もなく終了する、3年のダウンロード版の更新手続きは完了しているんだがインストールは未だ済んでいない。Windows10 のデスクトップパソコンは自動的に有効期限が3年間延長になり最新のバージョンになっていることが確認できたのでOKだ。問題はノートパソコンの Windows7 だ、普通の人であればどう... 続きを読む


目が覚めると本船は少しローリング(横揺れ)している、ベッドから起きてポールドのカーテンを開けて外を眺めると左舷に島影が見えているが海はウネリがある、起きたついでに洗面を済ませ、昼食には少し早いし、ソファーに横になり一度読んだ週刊誌を読みかえし暇つぶしだ。昼食を食べてワッチに入り銚子無線局/JCSの一括呼び出しを聞いていると本船が呼ばれた、そしてFAXで天気図を受信していると 何! フィリピンの当方海上に台風が発生して北西に進んでいるではないか、こりゃまともにぶつかる可能性があるなー、天気... 続きを読む

不思議な女性

朝方ちょこっと雨が、久しぶりの雨だ、忙しくなるな、もっと降れ、、、張り切っていつもより早めに家を出たが段々と空が明るくなり雨の気配は全く無し、、だめだこりゃ! 点呼を受けて出庫したが大した事は無い。あるファッションホテルに配車になった、いつもの中心部ではなく海に近いところにあるホテル地帯だ、行くのは初めてで恐る恐る車を薄暗い駐車場に入れたが何処からお客が出てくるか解らない、勘で車を反対側に移動すると少し明るいところが見えてきた、ここが出入り口だな、? 車が来るのを見ていたように、すぐに若い女性が... 続きを読む
市内中心部に近い金池町にある名刹、万寿寺に仕事で良く行くが東門のすぐ北西側に立派な門構えの寺院がある、浄土宗西山派の来迎寺(写真)、一度こちらのご住職をお供したことがあるんだがこちらの寺院も古い歴史のある寺院である。文亀元年(1501)に創建された浄土宗西山派の寺院で開祖、文忠梵榮(もんちゅうぼんえい)上人が仏道修行のために、諸国を巡った折に豊後国を訪れたところ、その徳のすぐれた人望に深く感動した大友氏第18代親治(ちかはる)が上人を府内町に引き留めて当寺を建立しました。それ以来500年以上この地に... 続きを読む
今年の春より山の仲間つくりと技術の向上を目指して登山教室に行っているが、今回は大分県南部の佐伯市弥生にある霊峰尺間山(645m)だ。山頂には尺間神社があり、古くから霊峰として知られ毎年新年には御来光や初詣客で賑わう。マイクロバスで津久見市側の登山口より登り始めた。 登山道は尺間神社の参道にもなっている、毎度のことだが山岳ガイドの先生から色々とアドバイスなどをいただき登って行く、20名くらいの参加だが男性は私を含めて4名、あとは40~60代くらいの女性軍団だが、まー賑やかだ、途中で400段の石段を... 続きを読む


瑞陽丸での最後の朝食を食べてキャプテン、通信長、乗組員に挨拶を済ませ1航海お世話になった本船のタラップを降りて岸壁の隣に着岸している綿陽丸のタラップを登り同じ北米航路の貨物船、錦陽丸に乗船した、総トン数9,627トンの本船は瑞陽丸より1年早く就航した船で大きさもほとんど同じだ。宇野港で積み荷の北米材を半分ほどおろして残りは博多港での2港揚げになる。宇野港での荷役も終わりハッチ(船倉のふた)を閉めたり出港の準備をしている。通信長の部屋に挨拶に行くと、おー、次席さんかね、よろしくたのむ... 続きを読む
梅雨明けまでは記録的な降雨量であったご当地の大分市だが、梅雨明けした途端に猛暑が続き1か月も雨らしい雨が降っていない。夏休みに入り連日にぎわっている場所がある、駅前広場の噴水だ、上野の森口(南口)、昔は裏口と呼ばれていたが、今は表口の府内中央口と比べても人の流れが少し少ないだけで優劣がつけられない立派な駅前に生まれ変わっている。この南口の駅前広場の噴水が昼間はちびっ子の遊び場で賑わっている(写真)この噴水、水が噴水になったり、チョロチョロになったり、霧状になったり色々と変化するように設計されてい... 続きを読む

レイテ島沖を航行中



インドネシア、スラウェシ島のポマラを出港しセレベス海を北上しスル諸島の間を通過してスル海に出た。ジリジリと焼きつく灼熱の太陽がふりそそぎ、真っ青な海に本船の白い航跡が残る、コースを北東にとりフィリピン、ミンダナオ島の北側を航行しボホール海を通り太平洋に抜けるコースだ。夜になると右舷左舷に灯台の灯りが見える、ボホール海に入りレイテ島沖だ、ここは第二次世界大戦の海戦が行われた海域だ、デッキに出てそっと黙とうを捧げた、右舷の遥か先は研究室にいた頃、実験で乗船した日永丸で入港したブトゥアン... 続きを読む
大分市民に親しまれている霊山(りょうぜん)の山麓にある天台宗 飛来山霊山寺(ひらいざん りょうぜんじ)(写真)、由緒ある古刹である。元明天皇の和銅元年(708年)の建立で本尊は十一面観世音菩薩を安置し木彫で背丈1,8メートルの立像である。 伝説によれば田尻村(現大分市田尻)に住んでいた七郎祐世という猟人が夢のお告げにより山に登って観音像を見つけ罪障消滅のために自ら剃髪して草堂を建て尊像を安置したのがこの寺の始まりと伝えられる。その後、インドの僧、那伽法師の来山により山の姿がインドの霊鷲山(釈... 続きを読む

びっくりしたね!



あるマンションから40歳代くらいと80歳くらいの女性が乗車された、たぶん親子だろうか、行き先は市内中心部のクリニックだ。運転手さん、旧道から行ってください! と言う事で旧道を走行した。センターラインのない狭い道だ、信号が少ないので裏通りを利用する車も多い、制限速度30キロメーターで歩行者、自転車なども通り細心の注意が必要だ。片側2車線の大きな通りの交差点が見えてきた、信号は青だ、ついてるねー! 交差点に入ると右側から軽自動車が、、 70歳代くらいと思われる女性だ、ブレーキを掛けるで... 続きを読む
先日鹿児島県指宿市にある日本百名山の開聞岳に登るべく国道226号線を走っていると 日本最南端の駅 という小さな看板が目に入った。もの好きなhamさん、翌日開聞岳に登った後、温泉でひと風呂浴びて行ってきた。JR九州の指宿枕崎線の北緯31度11分にある西大山駅である(写真)。昭和35年(1960)3月22日に開業以来名実ともに日本最南端の駅であったが2003年に沖縄都市モノレール(ゆいレール)が開業し2004年に標柱が「JR日本最南端の駅」に変更されたが、現存する普通鉄道(通常の軌条を使った鉄道)の駅としては... 続きを読む

パチンコ狂、明と暗



この仕事をやっていると当然のことながら色々なお客さんをお供する事になる。特に昼間はパチンコ屋までお供する事がよくある。若い客は遠くのパチンコまでお供する事がよくあるが、高齢のお客はほとんどが近くのワンメーターで行けるパチンコ屋までが多い。ある小さなマンションに配車になった、あッ、駅前のパチンコだな? 乗車すると、 駅前ね! ワンメーターで行けるんだが混み具合、信号待ちでワンメーターで行けない事もあるんだが、お客さんが道順を言ってくるんだが一方通行の細い道を通るんだ、一時停止の交差点... 続きを読む

ばたばたの日曜日



1週間前は宮崎、鹿児島の山行で終わったが、今週はと言うとばたばた忙しい日曜日だ。やる事はたくさんあるので優先順位をつけて実行だ。なんといってもお墓参りを済まさないと気がおさまらない、国道の渋滞が予想されるので早めに向う事に、1時間をかけてお墓に行き無事墓参りを済ませることが出来ヤレヤレだ、帰り道、上りの国道はUターンで大渋滞、、家を出るのが1時間遅かったらえらい目に遭うところだったな、、家に帰り以前から家の屋根の雨とよのところにハチが巣を作っていてハチが出入りしていて洗濯を干すのに... 続きを読む


1か月以上も日本を離れるのは勿論はじめて、学生の時に乗船実習でマレーシアに行き20数日間日本を離れたのが一番長かった。昨夜は興奮してなかなか寝付けなかった、あさ目が覚めてベッドからカーテンを開けてポールド(窓)を覗くと右舷に白い灯台が見える、潮岬灯台だ、学生の時に仲のいい仲間が串本町の出身で彼の家に遊びに行き串本町の橋杭岩、大島、潮岬に行ったが、灯台はやっぱり海から見るのが良いねー、 コースを少し変えて間もなく紀伊水道にさしかかり大小おおくの船が行きかう、大阪港、神戸港には沢山の船... 続きを読む
昨夜はビジネスホテルに宿泊し正解であった、夜中に目が覚めることも無く爆睡であったな、、チリン、チリン、、、スマホのアラームで目が覚めた。今日の日中の気温は35度の予報だ、支度をしてホテルを後にし登山口のある、かいもん山麓ふれあい公園に向かった。途中のコンビニでオニギリなどを買い込み駐車場に到着した、関東ナンバーの車が止まっている、どうやら先客が一人のようだ。準備を整え水もいつもより多めに用意した、、、 駐車場からコンクリートの道を10分ほど歩くと2合目登山口だ(写真)、標高は924mだが標高差... 続きを読む
霧島連山の主峰の韓国岳を下山して休む間もなく霧島神宮へ向かった、折角近くまで来たんだ、参拝しない手はない、、車で30分くらいで霧島神宮の駐車場に到着した。 石段を登り朱色の大鳥居(写真)をくぐり閑寂な老杉の濃い緑に包まれた参道を抜けると、格調高い朱塗りの社殿の荘厳かつ豪華絢爛な姿があらわれる。 建国神話の主人公である瓊々杵尊(ニニギノミコト)を祀った霧島神宮(写真)の創建が6世紀と古い歴史を誇る神社です。 最初は高千穂峰と火常峰の間にある背門丘に建てられたと言われているが、霧島山の噴火に... 続きを読む
いつもより少し仕事を早めに切りあげて午後6時に家を出発した、目指すは宮崎自動車道の霧島サービスエリア、今夜は霧島SAで車中泊をし日本百名山に数えられる霧島連山の主峰、韓国岳(からくにだけ)、1,700mメーターに登る予定だ。東九州自動車道を南下し宮崎県の清武JCから宮崎道に入り4時間後の10時に霧島SAに到着だ、東九州自動車道は対面通行のため運転には気をつかう、、疲れましたねー、宮崎県、鹿児島県の日曜、月曜の天気は曇り/晴れ、でマーマーだ。サービスエリアに到着し缶ビールを飲んで、さー寝るか! しかーしだ! ... 続きを読む