IRIS

2組のラブカップル



土曜日の午前中8~10頃まではファッションホテルへのお迎えの仕事がよくある。今日はホテルへ迎えの仕事がないなー! 市内中心部のホテルが数軒ある近くを流していると珍しいところで手が挙がった。40代前後の男女だ、ちょっとぎこちがない車の止め方だ、んッ、ホテルから出てきたお客だな、乗車すると、○○までお願いします、暫く沈黙が、そして男が罪悪感でもあるのか、聞こえないような小さな声で話している。下車する場所が違えば年齢、二人の雰囲気などからして不倫だろう、、目的地に着くと、ここで一人降ります!... 続きを読む

乗船準備完了



念願の無線通信士の免許を手にし海運会社の入社も決まり乗船を待つ短い間に親戚を訪ねたり中学時代の先生でアマチュア無線の恩師を訪ねた、○○君、無線では私はアマチュアだが君はプロになったのか、頑張ったなー、、東京へたつ前夜はゆっくりと湯船に浸かった、こんど田舎に帰るのは1年後くらいかな。無線通信士の免許は手にしたが6か月の乗船経歴を付けて運輸省(現国土交通省)の海技免状の試験を受けないといけないので瑞陽丸の乗船は2~3航海の予定だ。乗船中の衣類などの荷物は代理店あてに発送したし、乗船時は小さ... 続きを読む

釜山停泊中



港内にて沖待ちをしていた本船は2隻のタグボートに押されて昼前に着岸した。代理店、荷役関係者が乗船しチョフサー(1等航海士)と打ち合わせし、鋼材の荷下ろしに5日ほどかかるようだ。何気なくサロンルームのテレビのスイッチを入れると薄っすらとテレビが映るではないか、アンテナを切り替えると日本のNHKが映っている、約5か月振りに見る日本のテレビだ。まてよ、VHFのテレビが映るってことは船舶電話も繋がるのではないかな? 船舶電話が設置してあるレクレーションルームに行きスイッチを入れてみると間もなく圏... 続きを読む
国東半島の国東市安岐町富清に帆足万里、広瀬淡窓と並んで「豊後の三賢人」と称される江戸時代の哲学者、三浦梅園の国史跡の旧宅(写真)があり無料で見学できる。 旧宅に隣接して三浦梅園資料館(写真)がある。資料館には国重要文化財指定の三浦梅園(1723~1789)の遺稿や天球儀、肖像画など多数展示してあり、研究員が説明を行っており(電話予約が必要のようだ)医学、哲学、天文学、経済学、等あらゆる学問を勉強した三浦梅園の功績を知ることができる。また 三浦梅園の生涯や学説を紹介する短編映画も上映しています。 <... 続きを読む

非常識な大人



近年は自転車での通勤、通学が増えているように感じる、健康にも良いし、燃料もいらないし、もう少し若けりゃ自転車通勤をしたいところだが、、仕事で毎日市内を走っていると交差点付近に、交通事故の目撃者探しの立て看板をよく目にする。と言うことはひき逃げか当て逃げか??良く通る片側3車線と片側1車線の交差点で左折するために左の車線を走り赤信号で停車すると、左の1車線の道路から左折した乗用車と、横断歩道を右側から来た高校生が乗った自転車と衝突し乗っていた高校生、自転車が道路に倒れたところだ。一瞬... 続きを読む


「西高東低」の冬型の気圧配置が強まり九州各県は雪がちらつく天気、鹿児島県はかなり積もったようだね、今夜から明日にかけて更に積雪が懸念されている。雪国生まれのhamさんは、内心ニンマリしていますがね、、、九州に住み始めて3年目に入り、九州も典型的な「西高東低」だなやー、と感じずにはおれない。福岡から大分、宮崎、鹿児島の東側ルートと福岡から佐賀、長崎、熊本、鹿児島の西側ルートを比較すると明らかに東側がたち遅れている。交通網を比較すると新幹線が走り片側2車線、3車線の九州自動車道が通るのは... 続きを読む

雪遊び

⛄ 仲良し、ちびっ子二人より雪の便りが来た、 爺ちゃん、みんなでスキーにいってきたよ、ほら、かっこいいでしょう!格好だけかと思ったら動画も一緒に送ってきた、長い距離をボーゲンで上手に滑って行く、大したもんだね、小さな子供はなんでも上達が早い、それにつけ、こっちはどんどん老いていくね、、、    ちょっと形が悪いが雪だるまだろう、それにしても、寒いのに元気がいいねー ついでに俺も、、、 
続きを読む

考えさせられるね、



私にとって今の仕事(タクシードライバー)の魅力は色々な人との出会いである。もちろん自分にとって為になるお客さん、嫌なお客さん、楽しいお客さん、二度と乗せたくないお客さん、、、などなど色々だ。今日のお客さんはブログにアップするのは止めようかな、とも思ったが、あえてアップする事にした。ある病院に配車になった、病院と言っても普通の内科とか外科とか皮膚科とかの病院とはちょっと違う、病院の玄関に着くと70歳代くらいのご夫婦と30歳代と思われる女性だが多分娘さんだろう。大きな声で何か言い争って... 続きを読む

初雪



年末からずっと今の時期からすると暖かい日が続いていたが昨日より冬型が強まり南のご当地でも冬らしくなった。車でラジオを聴いていると天気予報で、大分地方で例年よりも遅い初雪を記録したと言う。道路は乾ききっているし、雪らしきものは見えないが、内心、初雪?どこにー! 車のフロントガラスを見ると時々雨では無い米つぶ大の雪らしきものが2~3滴、これが雪と言うことらしいね、、交差点で信号待ちで止まっていると3人の小学の1年生だろう、空を見上げて、あッ、雪だ! と言って喜んで口を開けて小さな雪の結晶... 続きを読む


未だに私の交代者が決まらず、いつものようにある大きな会社のお偉さんを三時にお迎えに上がり役員用の広い車庫に車を入れて待機する。15~30分くらい待つのはしょっちゅうだが、今日は待つ事2時間、秘書室から電話が入り、そろそろお願いします!と言うことで車を玄関に着け待っていると間もなく出てこられて乗車された。いやー、随分またして悪かったね、テレビでやってるじゃあない、笑って怒って! ○○さん、それを言われるのであれば、タモリの笑ってコラえて、じゃないですか? 2時間ほど待っている間、車内のラ... 続きを読む

無縁従事者免許申請



東京から戻り、さっそく無線従事者の免許申請に使う書類を取りに市役所へ行ったり、写真を撮りに行ったりで申請書類は揃った。申請書を郵送してから交付されるまで1か月くらいかかる、それでは乗船に間に合わない可能性がある、この際ダメもとで直接信越電波監理局へ書類を持って行って早期に発行していただけるよう頼んでみよう。汽車に乗って長野に向かい電波監理局の検定課に出向いた。即日発行していただけないか頼むと、書類は受理するが即時発行はできないし、前例が無いと言う、内心、それじゃ前例を作ればいいじゃ... 続きを読む

ふぐ刺し

昨年より勤務先の同僚の先輩が、○○さん、今度美味しい物でも食べに行きませんか! と誘われていた。お付き合いも大事だ、フグ料理でもどうですか、いつ頃が良いですかね! そりゃ今でしょう、、と言うことで行ってきた。大分県は隣の臼杵のフグが有名だ、歓楽街にある一軒に入ると大きな水槽にフグ、関アジ、関サバ、カレイ、ヒラメ、などが泳いでいる。フグは先ずフグ刺しでしょう(写真)、関アジ、関サバ、と美味しいね、思わず酒もすすむ、 しかーしだ! 明日も仕事だしアルコール検査でひっかかるとタクシーに乗務できない、ほど... 続きを読む


釜山に入港し官憲が乗船してきたが数名の税関の一人が高校野球の試合があるから見に行かないかとしつこく誘われたんだが、断るわけにもいかないし通信長が私に行って来いと言うし、しぶしぶと行くことにした。約束の時間に通船で上陸すると手を振って待っている、さすがにゲートはフリーパスだ。外に出ると手を挙げてタクシーを止めて私に先に乗れと言う。乗車し野球場へ着くと先にサッサと降りて行く、チケット売り場に来ても全く入場料金を払う様子はない、なーるほど、誘った目的はこれだな、、、韓国も日本と同じく野球... 続きを読む
  ♪ 恋あざみ ♪  唄: 勝 彩也 北海道出身の勝 彩也(かつ あや)さん、昭和45年にテイチクレコードより発売され大ヒットした。あの独特な歌いまわし、声がなんとも味がある、、体調を崩し間もなくテレビなどから姿が見えなくなったので団塊の世代の人くらいしか知らないかね、、、 


11時をまわるとそろそろ腹が減ってくる、いつもの市内中心部のコースを1回流して一回りしていつものコンビニ(7&11)へ、買うのは決まってアップルジュースとパン1個、180~190円くらい安あがりだねやー! 甘党のhamさん、たまにレジの横にある美味しそうなドーナツがほしくなるんだが、太るから止めとけ! と言う天からの声で見るだけにして、nanacoでチャリチャリ、っとお支払い。ついでに溜まったポイントを1000ポイント入れてもらった、女性スタッフ、そんなにポイントあるんですか? そりゃそーだ、私の... 続きを読む

国家試験合格!



無線通信士の国家試験を受験して3週間が経ったある日、封筒の裏に信越電波管理局とゴム印が押された封筒が一通届いた。きたきた!恐る恐る開いてみると、無線機器、高周波測定ともに合格とある。やったー!この時の感動は今でもはっきりと覚えている。翌日さっそく報告の為上京し学校に向かった、K先生に合格した旨報告すると、○○海運の○○部長に電話しておくから明日にでも会社に行ってこい! との事だ。よくじつ日比谷公園の近くにある○○海運の船員課を訪ね合格した旨を伝え3等通信士として正式に入社が決まった。船員... 続きを読む
昨年の晩秋のころ一昨年の深耶馬渓につづき中津市の本耶馬溪を訪ねてきた。大分県に来て三年目になるが豊後の国は我が故郷の越後の国新潟県に共通するところが多い事を感じる。歴史を振り返っても戦国の武将、上杉謙信とキリシタン大名の大友宗麟、国東半島を訪れると天台宗の古刹が多数存在し高田の寺町を思い出す。耶馬渓は日本新三景の一つに数えられる(残りの二つは静岡県の三保の松原、北海道の大沼)、故郷は何といっても日本三大夜桜に数えられる桜が有名だ。そして菊池寛が禅海和尚の生涯を名作「恩讐(おんしゅう)の彼方に」に... 続きを読む
臨時のパート社員のようなもんだが、勤めているとなるとそうは勝手に休むわけにはいかない、しかも1週間に休みは日曜日だけ、、天気は良いし新年の初登山で由布岳にでも行くか、とも思ったが昨年末よりの腰痛が未だ完全ではないし山行きは暫くは無理だろう。ならば久しぶりに温泉でも行くか! さすがは ♨おんせん県おおいた いたるところに温泉施設はあるが、ちょっと立派な施設は日曜日で混んでいるに違いあるまい、今回はゆっくりするのにローカル的な温泉施設にするかね、と言いう事でちょっと郊外の丹生温泉(にゅう)に行ってき... 続きを読む


三浦梅園(写真)は、帆足万里、広瀬淡窓と並んで「豊後の三賢人」と称される。享保8年8月2日(1723)国東半島の安岐町富清(現国東市)に生まれる。江戸時代の思想家、自然哲学者で本職は医者でもある。三浦梅園は生涯で三度旅をした以外は故郷の大分県の国東半島安岐町を離れることはなく、医業の傍ら黙々と思考を続け、寛政元年3月14日(1789)その坦々とした生涯を終えた。複数の藩主から招待の声もあったが断ったという。地元の安岐町には三浦梅園の旧宅があり、近くにはキャンプ場、天文台、梅園などが整備され...


とりあえず日本円で3万円ほど韓国の通貨ウオンを借りたが全て紙幣でポケットに入り切れないほどの量がある、紙幣を数えもせずに50枚ほど持って韓国の釜山港の沖に停泊している本船から通船で釜山の町に上陸した。町には古いトヨタの車がたくさん走っている、少し歩いてみたが右も左も解からない、タクシーを止めて乗ったが韓国語はまるで解からない、下手な英語と身振り手振りでなんとか通じたようだね、運転手は色々と韓国語で喋るがチンプンカンだね、散髪屋に着いたようだ、料金を払い店に入ると若い数名のスタッフが... 続きを読む