IRIS

懐かしい言葉



駅前にあるホテルに配車になった、温泉が有り屋上に露天風呂もあり、以前に私も何度か宿泊した事がある。60代と思われる男性が右手に大きな包帯をして乗車してきた。行き先を尋ねようとすると、一言 ここね! ある病院の診察券を提示した、俺は耳も聞こえるんだ、口で言ったら良いじゃねーか、、と内心腹も立ったが、病院に向かっていると、ホテルに温泉が有るんだけどさ、そこで転んじゃってさ、とんだ災難だわね、、、ははー、それで病院へ行ってるんだな、、浴室内のタイルで滑って転び、右を突いて手首を負傷したそう... 続きを読む

パナマ、バルボア到着

朝方、本船日正丸/JMVY(16,159重量トン)の前方にパナマの太平洋側の町バルボアが見えてきた(写真)、間もなく国際VHFで本船を呼んできて、指示通りに錨地にアンカー(錨)を下ろした。暫くするとパナマ運河通行の為の担当者が数名本船に乗船してきた。話には聞いたが勿論パナマ運河を通るのは初めてだ、わくわくするね!昼前にはアンカーを巻きあげてパナマ運河に向かうとの事だ。早めに昼食を済ませて無線室にいると作業員、パイロットが乗船してアンカーが巻きあげられデッドスロー、アヘッド(前進微速)の指示が出、エンジ... 続きを読む

国東半島ぶらり旅

久し振りの雲一つないスッキリと晴れあがった秋晴れの天気、本来であれば久し振りに山行き、九重連山の三俣山行きを考えていた。しかし昨日の木曽御嶽山の噴火により多くの犠牲者、怪我人が出ている、ちょうど昼近くで多くの登山者は頂上付近で絶景を堪能し昼食をしていたに違いない、、、同じ山を愛する一人として、なんとも気の毒で言葉もない、、怪我をされた方々には心よりお見舞いを申し上げ、不幸にして犠牲になられた方々には心からお悔やみを申し上げます、、、  合掌  上記の理由により急遽、山行きを取りやめ、国東... 続きを読む
作詞: 水木かおる作曲: 遠藤 実        みちずれ  「みちずれ」はもともとは歌手であり俳優の 渡 哲也 が歌った曲らしいんだが、牧村三枝子が渡 哲也に、この曲を歌わせてほしい、と直談判し男っ気のある先輩の渡 哲也が快諾、自分の曲は廃版にして、牧村三枝子が昭和53年の秋に発表、100万枚ちかい売り上げをあげた。ちょうど船員生活に終止符をうち、田舎に帰り商売を始めた時だったが、テレビでよく流れていた、私の好きな曲だ。ほかに「友禅流し」 「夫婦きどり」などがヒットした。
続きを読む

寮生活はじまる



3月の下旬に下宿から高輪の泉岳寺の隣の寮に引っ越した。寮と言えば聞いたところが良いが、戦前に建てられた長屋続きの木造の一般住宅を改造して寮にした施設だ。押入れがベッド、長机を並べた部屋が食堂兼自習室だ。学生の寮生が当番で食事を(朝、夕)作る、食器はかねの食器、味噌汁を入れると熱くて普通には持てないが、コツがあるんだ。わずかな食費で作る食事だ、ご飯に味噌汁、おかずは1品、あとはオシンコだ、寮に入って太るやつは先ずいないな、、ここで朝6時の総員起こし、甲板掃除、食事、国旗掲揚、、など等と... 続きを読む

ふないサンサン通り

大分駅前の中央通りから、県庁の横の遊歩公園通りまでの東西方向に約400メーターの商店街、「ふないサンサン通り」、レンガで舗装された都会的なショッピング通りだ。通りには県内唯一のトキハデパート、サンサン通りを挟んでトキハ会館などが有り多くの人で賑わう。一方通行の通り、朝の時間帯は商店に荷物を届けるトラックなども通り、日中は駐車場に向かう車、タクシーなどで渋滞するほどだ。レンガの通りは時々レンガが割れたり、ゆるんだりで車が通るとガタンと音がする、しかーしだ! 翌日になると必ず早朝から業者が来て道路を補... 続きを読む

岩屋寺石仏

 上野ヶ丘の丘陵地、大分市古国府の岩屋寺石仏、9月14日掲載の元町石仏から200メーター位のところに位置する(写真)。 大分元町石仏同様に凝灰岩質で、ここの凝灰岩は特に岩質があらく、永年の風雨のため腹部から脚部に下る程侵食がひどく、すでに輪郭をとどめる像も少なくありません。全部で17躯の磨崖仏から構成されており、崖面の中央にある大きな如来坐像を挟んで、向かって右側には最も右側の十一面観音菩薩立像など六像が並んでいます。向かって左側には最も右側の不動明王立像など合わせて十像が彫りだされています。ど... 続きを読む

幸か、不幸か!



ある住宅街の一軒に配車になった、住宅街の一方通行の狭い道路、早く乗車してくれないと後ろから車が来たら困るなー!家の中から男性が出てきて、悪いがバックで敷地内の裏に車を回してくれて言うが、狭いのにやっとの思いで裏に着けた。90歳くらいだろうか、足の悪いお婆ちゃんが乗車のようだ、20歳くらいの孫のようだが女性と50歳代と思われる息子だろう、お婆ちゃんに靴を履かせたり、手を貸したりで、やっと乗車された、息子さんも、お孫さんも一緒に乗車。行き先は美術館だ、車内の会話を聞いていると、お婆ちゃ... 続きを読む


中米沖を順調に南下中だ、ブリッジに行きチャートを覗くと、ちょうどニカラグア沖を航行中、左舷にはうっすらとニカラグアの島影が見える(写真)、空はいまいちパッとしないが海は紺碧の海だね、、デッキから海面を眺めると吸い込まれそうな気がする。パナマ運河から日本に向かうのだろうか時々、北上する船と行き交う、多分パナマ運河経由でカリブ海に向かうのだろうか、真っ白な豪華客船がスピードの遅い本船を追い抜いて行く。明日の昼前にはパナマ運河の入り口の町、バルボアに着く予定だ。 


... 続きを読む
日本は火山国なんで、何処の県に行っても温泉の一つや二つは有るだろうが、大分県は温泉の源泉数、湧出量、ともに日本一だ、福岡県、関西地方ではテレビでCMが流れているそうだが、 まーいちど見ちょくれ! 

一大決心!



年がかわり卒業試験が始まった、長い人生で学校での試験は最後になるだろう、頑張るかー!試験も何とか終わりひと段落したある日のこと、先生が、○○、お前は卒業したら国家試験に合格するまでどうするんだ! 卒業しても国家試験に合格しないと船には乗れない、 田舎に帰って勉強するか、未だはっきりと決めていません! すると国家試験に合格するまで研究室を手伝ってくれないか、との事だ、特に今年は色々な実験などの予定もあり忙しいので是非との事。田舎に帰りじっくりと勉強するのも一案だが、下手をすると自分に負... 続きを読む

すっかり秋の気配



九州に来て初めての夏を過ごしたが、正直なところ夏を過ごしたと言う気がしないのが本音だ、7月の後半に数日だが、暑いなー!と言う日があったような気がするが、8月に入り二つの大型台風の接近があったが、ご当地はお陰でほとんど影響がなかった、それ以降はほとんどが曇り空か、雨、雷、午前中晴れたと思ったら午後には小雨、、朝から夕方まで真夏の日差しが照りつけた、と言うのは1~2日くらいだろうか、それほど日照時間が少なかった。お陰でエアコンを入れる時間が極端に少なく、節電に貢献した。例年であれば9月に入... 続きを読む


今の時代、携帯電話を持っていないのは小さな子供と、高齢者くらいだろう、私も携帯電話を持ち始めて20年くらいになるだろうか、最近はあまり使う事も無いが持っていないと不安になる。最近はスマートフォンが人気が有り、若い人はほとんどスマートフォンを使っている。小さなパソコンで、ついでに通話もできる、と言った方が正解だろう、それほど便利な物である事は間違いない。しかーしだ! 特にさいきん感じるんだが、歩きながらスマホを操作している人の多いこと、若い女性に多いような気がするがね、危なくてしょーが... 続きを読む

大分元町石仏

大分市内、上野ヶ丘台地東端の凝灰岩の崖に刻まれた石仏で、国道10号線の岩屋寺入り口より徒歩数分である。昭和9年(1934)に国指定史跡となり(写真)、県南の臼杵石仏と並ぶ大分県を代表する磨崖仏です。 木造瓦葺の覆堂の中には、露出した溶結凝灰岩の岩肌に、高さ3メーターの薬師如来坐像を中央に(写真)、左に多聞天(たもんてん)立像をはさんで、その妻子とされる善膩師童子(ぜんにしどうし)と吉祥天像が左右に、右に不動明王をはさんで左右に矜羯羅(こんがら)、制タ迦(せいたか)の二童子が刻まれています。薬師如来坐... 続きを読む
いつものように今日も仕事、土曜日は暇だ、特に午前中は。中心部にあるトキハ(ときわ)デパート横の一方通行のサンサン通り、デパートが開くまでは人通りもまばらだ、朝の時間帯は商店、デパートへの納入業者のとトラックがたくさん止まっている。ご当地で新米タクシードライバーになって3か月、サンサン通りをゆっくり流していると、朝ーは ふたたーびー、♪♪ 何とも懐かしいメロディーが流れてきた、、時間は10時、そーか、トキハの開店時にこの曲が流れるのか、、、最近はほとんど耳にしないが、幼少の頃ラジオからよく流れていた、... 続きを読む

今日はついてたねー!



朝一番で指令がきた、ある中心部のマンションから40代くらいのビジネスマンが乗車、行き先は世界を代表する大企業だ、しめた!数千円になるな、、、大体が640円~千円以内が大部分だ。正門で手続きをして構内へ、膨大な敷地の中に工場がある、外部からは樹木、緑地で中は高い建物、煙突以外は見えないが、工場内のメイン道路は4車線だ、あちこちに信号機がある、たまげたネ、、その後はたいして忙しくない、ここ数日はどちらかと言うと暇だ、、今日もダメか!!    しかーしだ!   暇だし早めにあがるかな、、、と思... 続きを読む

アメリカ大陸だー!



数日前より船内は冷房に切り替わった、ローリング(横揺れ)もほとんど無くなり快適な航海だ。船内時間と日本とは18時間くらいの時差がある、日本では翌日の朝の3時頃だがネ、、揺れも無くなり久し振りに熟睡した、ベッドから起き、タバコをくわえてボートデッキに出てみた。んッ、、、曇り空だが水平線が少し黒い、アメリカ大陸か?さっそくブリッジに上がってチャートルームのチャート(海図)を覗くと、カリフォルニア半島だ(写真)、2週間以上も海しか見えない生活、、サードオフィサー(3等航海士)に尋ねると、これ... 続きを読む
6月15日に九重連山の平治岳(ひいじだけ)に登った時、大戸越(うとんごし)よりミヤマキリシマと九重連山の眺めだ、、夢にまで見たミヤマキリシマを心行くまで堪能した。頂上付近が一面にピンク色に染まっていた、来年のこの時期には、今度は大船山、三俣山に行きたいと思っている、、、

箱根へ旅行会



乗船実習が終わり、後期の授業が始まりひと段落すると、毎年お世話になっている方々をお招きして一泊旅行に出かける。土曜日の午後にバスで東京を出発し温泉地で一泊し、翌日は近隣を観光し夕方までに東京に戻るスケヂュールで、そうは遠くには行けない。今年は箱根旅行に決まった(写真)、毎年休暇下船中の先輩も数名参加される。夜は温泉に浸かり宴会となるわけだ、この時ばかりは先輩、後輩の壁を少しだけ取り払い飲み明かす、この頃は二日酔いなんて無かったような気がするがネ、、、、、乗船実習、旅行会、海上自衛隊...


数年前だが、娘がパソコンのオークションで子供の衣類などを買い、また不要になった品物をオークションで売っていた。リサイクル屋さんに持って行くと特に衣類なんかは二束三文も良いところだ、これはお金にはなりませんがお持ち帰りになりますか、必要なければこちらで処分しますが!となる、こちらに引っ越す前に多くの商品をリサイクル屋に持ち込んだ、ゴミに出してもお金がかかる時代だ、4~50冊くらいの本を大手の古本屋さんに持って行ったが、頂いた代金は数百円、お金になるのは数冊のみとの事、腹が立ったのは1年く... 続きを読む