IRIS


つい先日正月の雑煮を食べたと思ったら、一月も今日で終わり、14日に入院してもう17日になる、早いねー!数日前に主治医の先生が廻診の時に、自分に自信が付いたら退院は何時でも良いですよ、との言葉を頂いていた、あとは時間が解決してくれるはずだ、、入院している病棟は内蔵系だと思うんだが、入院患者は比較的に高齢者が多い、ほとんどが点滴スタンドを引っ張ったり車いすで廊下を歩いている。私も初めは身体から管を三本だして、腕には点滴が入り、スタンドを押して、顔をしかめて、ヨタヨタと歩いていたんだが、... 続きを読む

大分と言う処



こちら大分に来てもうじき3か月になる、正直なところ、えッ、未だ三ヶ月! と言う感じだ、もう半年くらい住んでいるような気がする、、、一言で言って、住みやすいところだね、地元の人は今日は寒いねー、と言うが雪国から来た者から言わせると、はー、今日は暖かいですよ、と言う感じだ。寒いと言っても日中に成れば陽が差し10度くらいにはなる。同じ九州でも大分市は瀬戸内海の気候に似ていて温暖で過ごしやすい、今日は16~7度はあるだろう。地方の都市にしては高層マンションが多いように感じる。これは大分県の人... 続きを読む
病室の六階の窓からは大分市の歓楽街、都町の灯りが見える、、当時はちょっと大きな町の歓楽街にはキャバレーと言うのがあった。長い航海から帰り日本の港に入ると夜はビシッとスーツを着て、一目散にキャバレーに走った。故郷の今や日本海側最大の都市の新潟市、信濃川にかかる萬代橋の近く、信濃川沿いにキャバレー香港があった。エスカレーターで登り入り口を入るとボーイさんが席に案内してくれた。ホールのまん中には一段高くなったステージがある。少しずつ段になっていて、どのボックス席からもステージが見えるようになっている。... 続きを読む


こちらの病院に入院して明日で二週間になる。外泊許可もでて一晩だが自宅に戻り久し振りにゆっくりした、夕食は好物の寿司に刺身に、そして久し振りにビールを頂いた。こんなに長い間アルコールを口にしなかったのはちょっと記憶にないね、、夕方には又病院に戻り退屈な時間を過ごしている。もっとも入院中はむしろ退屈しているのが良いのかもしれない、ベッドに寝たきりでフーフー言っているのも辛いだろう。入院患者もいろいろだネ、高齢な患者さん、変な話だが、まーオナラをぷーぷー、私は病人だし、ここは病院だ、ある... 続きを読む

新しい下宿



四畳半ひと間での下宿生活が始まった。一階が大家さんが住み、二階の数部屋がアパートとなっている。アパートと言っても間貸しだな、共同トイレに共同台所、私は一階の四畳半だ、トイレは大家さんと共同、周りは住宅街で静かだし環境は良いんだが、それだけに下宿人としてはイマイチ不自由だ、銭と、食堂は駅近くまで行かないと無いし、駅まで歩いて20分近くかかる。何よりも私にとって気になったことはトイレが大家さんと共同で使うと言う事と、大家さんのテレビの音が聞こえる事だ。と言う事はこちらの音も聞こえる事に... 続きを読む

外泊許可が出たね、



昨日の早朝に採血があった、あさの廻診で主治医から、夕方、手術の結果、今後の予定など詳しく説明しましょう、家族の方でもなんでしたら呼んでおいて下さい、、、との事で、夕方、妻に来てもらった。術後の経過は良好のようである、全摘し詳しく調べた結果、当初の癌の場所以外にも内部に数ヶ所、ごく小さな初期の癌が見つかった、このようなことからして、今回の私の全摘手術は正解であったようだ。数日前に入院された同室の方も私と同じ癌だが、私よりもちょっと高齢だが、手術を望んだんだが体力的にリスクが大きく手術... 続きを読む

順調に回復



手術が終わって今日でちょうど一週間が過ぎた。お陰さまで術後は順調で朝の廻診でカテーテルが外されてすっきりしたね、、抜糸もして、今日から傷口をあまりこすらないようにして、シャワーを使ってもOKとの事で、午後より洗髪して、八日ぶりにシャワーを浴びてスッキリしたね。特別になにもする事がないし、ただぼんやりと、テレビ、ラジオ、パソコン、本、、それでも一人前に時間が経てば腹が減る、朝6時、昼12時、夕方6時の食事、決して立派な食事とは言えない病院食だが楽しみだネ、、同室には私を含めて三人入院... 続きを読む

なかよしちびっこ

入院して一週間になるがそろそろ退屈になってきた。孫のちびっ子二人はどーしているかなー!病室からではちょっとSkypeと言うわけにもいかないし、写真を眺めているだけ、、、   こちらに引っ越す前、最後に新潟の家に遊びに来た時(昨年の10月)の写真だ、最近は写真を撮ると言うと自分から勝手にポーズをとる、、女の子だねー! 
続きを読む

鶴邦丸、乗船きまる



横浜で剛邦丸を下船して田舎には帰らず真っ直ぐ母校に行き、青雲寮から研究室に通い色々と手伝いをしてきたが会社より正式に乗船命令がきた。予定通り山口県の徳山市からタンカーの鶴邦丸に乗船だ。久し振りに恩師や後輩たちに会い、学校のすぐ近くにある喫茶店のスパゲテイーナポリタンを食べ、○○屋の弁当を食べ、○○のソバを食べたが懐かしい味だ、、、。 しかし数年前に上京した折に懐かしく母校を訪ねたが、すっかり変わり果て、喫茶店の跡は母校の校門あたりに変わり、ソバ屋、弁当屋、のすがたは確認できなかった。そ... 続きを読む

まったりとした日々



なにもしないでただ寝ているだけでも月日は経っていく、、入院して5日が過ぎた、昨日の朝の廻診で腹から出ていた管が一本外され残りは一本になった、主治医の先生が、順調ですよ!まだ下腹部に力を入れると激痛が走る、咳をしたり笑ったりすると痛いね、風邪もひいていないのにたまに咳が出る、我慢して大きな咳になるとたまらなく痛い、多少体力が落ちているだろう、こんな時に風邪でもひいたら大変だ。テレビを見るか寝るか、たまにパソコンを覗くか、ラジオを聞くか、山の本を読むか、、これの繰り返しだ、昼間あまり寝... 続きを読む


朝から点滴、浣腸など手術の準備が始まり食事も水も一切なし、午後1時過ぎからの予定と言うんだが、、だんだんと不安になってきたネ、午後になり手術着に着替えて待機、看護士さんから、○○さん、手術の時間が決まりました、1時40分から手術で35分にストレッチャーに乗り換えて部屋を出発しますからトイレに行っておいてくださいね!とうとう来る時が来たな、看護士長さんが名前と手術名を尋ねて、ストレッチャーに乗せられて手術室へ、入り口で看護士さんに名前、生年月日などを確認されて手術室へ。男女数名の看護士さんと... 続きを読む

入院、手術前夜



10時前に病院に入り前回の検査入院と同じ病棟の部屋に落ち着いた。寝間着に着替えて待機していると担当の看護士さんから今後の大体の入院の流れについて説明があり、その後病棟の看護士長さんが来られて簡単な説明、夕方から主治医の先生から手術の詳細の説明があるので家族の方を呼んでおいて、ってことで急遽電話して妻に来てもらう事に、昼前に明日の手術を担当すると言う男性の看護士さんが来られて色々と手術の説明があった。今までは比較的簡単に考えていたが説明を聞くたびに段々と不安になってきましたでね、、!夕... 続きを読む

入院準備完了



以前より晩年は雪の降らない九州で残された人生を過ごそうと考えてはいたんだが、昨年の夏の健康診断で病院での再検査を指摘され、総合病院で検査の結果、思いもかけずに、かなり高い確率で癌の可能生を指摘された。さらに入院して精密な検査が必要との事で入院、通院などを想定し急遽引っ越してきた。こちらに引っ越して検査入院の結果、癌であることが判明したが、比較的に初期であること、悪性ではない事で一安心、治療法などいろいろ説明を聞きリスクもあるが全摘手術を選択した。手術に向けての色々な検査、輸血用の自... 続きを読む

豊後国分寺跡

 大分市国分地内、久大線の豊後国分駅からほど近い大分川左岸に、天平年間に各国に建立された国分寺跡があり(写真)国の史跡に指定されている。発掘調査の結果、寺域は東西183メートル、南北300メートルといわれ、この中に中門、金堂、講堂、食堂(じきどう)が南北に並び、金堂の南西に七重塔が位置し大伽藍を有していた。七重塔は高さが推定60メーター余りと言われる巨大な塔であったと考えられ、全国に64ヵ寺ある国分寺の中でも三本の指に入ると言われている。現在は広大な敷地跡に史跡公園と大分歴史資料館が建てられ散策しなが... 続きを読む

神崎温泉 天海の湯

 雨降りも昨日限りで、ちょっと風が強いが今日もまた綺麗に晴れあがっている、ちょっと温泉にでも云ってくるか!市内にも選ぶのに困るほど沢山の温泉施設があるんだが、やっぱり海の見える景色の良いところがいいなー、、と言う事で今回は西大分の 神崎温泉 天海の湯 (写真)に行ってきた。西大分の国道10号線から豊後一の宮、柞原八幡宮の方に(山側)曲がり日豊本線のガードをくぐり直に右折する、坂をどんどん上って行く、それも初めはかなりの登りだ、雪が無いからいいが、雪道では4WDでないとまず登れないね、、登りきり... 続きを読む

下宿の引っ越し



下宿の娘さんとの気まずい事件から、下宿の小母さんの態度も明らかに違うし、一日も早く下宿を替わる決心をしたんだが、なかなか食事を提供してくれる下宿は見つからない。同じクラスの仲間が、今住んでいるアパート、アパートと言っても一階が大家さんで二階が貸し間になっているところらしいが、一階に一部屋、空いているところが有るらしいが聞いてあげる、、と言う事で聞いていただくと、OKとのこと、場所は渋谷区の祐天寺で、渋谷から東横線に乗り学芸大学で降りるんだと言う、とにかく一日も早く下宿を出たく、部屋... 続きを読む

二回目の自己血貯血



今日は二回目の輸血用、自己血貯血に病院へ行ってきた、二回目なので要領は解っている、今日はあまり待たないでスッと行きたいね、、!受付を済ませてトイレに寄り中央処置室へ、間もなく看護婦さんに呼ばれて、それじゃ採血しますがこれにおしっこを採って、はッ、ここに寄る前にトイレに行ってきましたが、、もう出ませんか! そんなに出ません! 内心、そういえば一回目の時も採尿したわな、、採血をして、いろいろ検査し結果が出るまで1時間近くかかるので、その間に採尿をしてくれとの事で一安心。前回もかなり待た... 続きを読む
 今年のお正月はのんびりしすぎて、気が緩み体調を崩してしまった、多分風邪でしょうね、、おかげで3日から昨日まで3日間家で寝正月となった。やっと体調もある程度回復してきた感じ、もうじっとしておれない、午後から豊後一の宮の柞原八幡宮(写真)に参拝した。ここまで来てこのまま帰るのも芸が無いな~!天気も良いし別大国道を歩いてみよう、、  今回は国道10号線(別大国道)の三分の一くらいの地点の田ノ浦ビーチ(写真)まで車で行き、ここに車を置いて別府まで海岸線を歩くことにした。 以前からこのルートを景... 続きを読む

青雲寮



横浜の京浜港で油送船剛邦丸を下船し故郷の新潟には帰らずに学校に向かった。もう学生じゃないんだ、今度は先輩だわ!お世話になった先生に挨拶に研究室に行った、乗船するまで後輩たちの面倒を見てくれ、午後の俺の授業、お前が少し学生たちに話をしてくれ、と相変わらずだ。学生たちの前で乗船中の体験談などを話すと、学生たちの目は輝いている、俺も数年前まではこうだったなー乗船まで青雲寮(写真)でお世話になる事にした、寮と言えば聞いたところが良いんだが、東京の高級地、高輪の泉岳寺の横に位置する場所にはお... 続きを読む