IRIS

古い写真

___sysimage___BSHr1XcqYSsocK9sNfAs7bnYQ6M8Uw,left,,KOWA+FLEX,200___/sysimage___

家族で引っ越して行く娘が色々と荷物を整理しているが、ついでに私も倉庫の一部の荷物を引っ張りだすと沢山の古い写真が出てきた。既に色あせた白黒の写真からカラー写真、サイズも大きいのから小さいのまでバラバラだが、昔はアルバムの台紙に写真の四隅のコーナーを貼り、それに写真を止めてある式だ、小学生の時に学校を卒業して都会で働いていた兄が帰省の時に土産で買ってくれたカメラ、FUJICA(フジカ)と言うカメラだった、その後... 続きを読む
上越市南本町、旧北国街道沿いに日本最古の飴屋と言われ、国の登録有形文化財に指定されている(株)高橋孫左衛門商店がある(写真)、創業は寛永年間(1642年~)で粟飴、翁飴、笹飴、と飴一筋を創製、販売し続けている。水飴と寒天で作る翁飴は当時の高田城城主の参勤交代の土産として使われていた程で日持ちの良さと独特の食感が江戸を通じて全国に広まったと言われている。 「東海道中膝栗毛」の著者としても名高い、戯作家の 十辺舎一九(じっぺんしゃい... 続きを読む


昼間の勤務をやっていると高齢のお客様をお供する機会が比較的多く、大変為になるお話を聞ける事がある、、、。

雪が消えれば一面、田圃が広がる、ある村落の一軒に配車になった。90歳近い手押し車を押した足の不自由なお年寄りを総合病院までお供した。途中、大雪の話から終戦の年の昭和20年の大雪の話をされたが大変な大雪の年であったようだ、昭和18年に徴兵されて東京、月島にあった高射砲陣地に配属され軍隊生活を過ごされ東京の大空襲を目の当たりに体験されたと言う、外見は何処にでもおられる田舎... 続きを読む


市内高田地区の本町5丁目の角地、旧長崎屋跡地に建設中でご当地では最も高い16階建てビル「ポレスタータワー高田」、1階から5階までは屋内駐車場、食料品、飲食店、など等のテナントビル、6階の一部から15階までを占める50戸のマンション、2LDKから4LDKまで5タイプあるそうだが販売から僅かな日数で完売したとの事、都会と違い土地はいくらでもあるんだが、土地付きの1戸建てが圧倒的に人気があったが最近になり、マンション形式も又人気が出てきたようだ、高齢化が進みお年寄りだけの家庭が増えて来て... 続きを読む

リクのひとり言

   乃愛ちゃん、真愛ちゃん、が生まれて、最近は出番が無くて寂しいですよ 今年の冬は寒くて堪えるね、、! ストーブの前の僕の特等席、二人が生まれてからは、危ないと ストーブガードを付けられたらこれ以上前に行けなくなっちゃったんだワン、!                      
続きを読む

車内の会話



この仕事を始めて5年になる、色々なお客様をお供するが、いつも思うんだが、我々タクシードライバーの事は人間と思ってはいないんだろうか、、、ロボットか猿でも運転していると思っているんだろうか、、、と言うのは、お客様は、他人には聞かせたくない事、聞かれては困る話、そんな事は他人の前では普通は話さないでしょう、、、、どこか密室にでも居るかの様に平気で喋っている、少し嬉しい気持ちになったり又大変勉強になり、為になる話も聞こえてくる、、。

駅前から乗車の50歳くらいと思われる男女、行... 続きを読む

初めて持った自家用車



前回の休暇中はレンタカーを長期間借りて足代わりに重宝したが、今回はどうしよう、3ヶ月くらいの休暇中、田舎の事、車が無いと身動きがとれない、思い切って車を買おうか、色々とカタログを眺めて買うんなら、ニッサン、サニーかトヨタ、スプリンターだな一年のうち家にいるのは数ヶ月、相方は未だ車の免許が無いし、子供が小さいので教習所通いは未だ無理だ、そんなある日、知り合いから車をタダであげるからどうだ、、、、 ちゃんと動くのかね、、?  あー、ハンドルも付いているし、車検も取ってあるし、型が古いだ... 続きを読む


苦悩の日々が続くが、業績の悪化は別に怠けてなった訳ではない、世の中がその様に転がり進んでいる、景気の低迷、趣味の多様化、携帯電話のふっきゅう、パソコン、インターネットのふっきゅう、、、などなど業界にとっては不利な条件ばかり、取引メーカーの業務縮小、閉鎖、倒産、なども続く中、今の業種ではどんなに頑張っても過去の売り上げを確保する、とまではいかなくとも売り上げアップは望めない、金融機関とて昔のように頼めばいつでも融資に応じてくれる訳ではない、たとえ応じても、それにより売り上げアップに繋... 続きを読む

♪ どこかで春が

昨日は「草木の芽が出始める」とされる24節気の一つの「雨水」、県内は強い寒気の影響で今冬最低気温を記録したところもあった、しかし日中は時々陽が差していた、今日は薄曇りだが、時々雲の切れ目から太陽がのぞく、、、この日差しにも何かしら春を感じられるような気がするが、、、、。 子供の頃は今の時期、連日の雪模様から解放されて、晴れた日の朝は気温こそは下がり寒いが雪原が氷り雪原を自由に歩く事が出来る、しみ渡り と言って、小学校までショートカットで一直線、普段の半分以下の時間で行ける、この時期の晴れた日の楽... 続きを読む

雪の親鸞聖人上陸の地

仕事で直江津海岸の親鸞聖人上陸の地の直ぐ横までお客様を迎えに行ったが、少し時間が早いので海岸線に出ると今の時期、珍しく太陽が顔を出し昨夜の新雪に眩しいくらいだ、今から800年前、浄土真宗の開祖、親鸞聖人がここ国府に上陸された海岸線を眺めると、絵画に興味があれば筆を運びたくなる光景だ、この寒空にサーフィンを楽しんでいる若者の姿も見える、いつもは空が鉛色、海は時化で季節風が吹き荒れている海岸線も今日は絵になる光景だ。春から秋に... 続きを読む