IRIS
  長く厳しかった雪国の冬が終わり、一年のうちで私にとって一番気持ちの良い季節の、春、、、、、、、 その春も、思いもしない東北大震災とともにやって来た感じだ、、、幸いにもあまり被害の無かったこの地、、何事もなかったかのように、桜の花が咲き誇り、庭には色々な花がいつものように咲いた、、こんな中、被災地では大変不自由で心配な生活を送っておられるであろう、、、、、思うと何とも胸が痛む、、 明日からもう6月、夏だ、、、今年は又、暑い夏に成るんではないだろうか、、、ほどほどにしてもらいたいもんだな、、、... 続きを読む
室孝次郎(むろこうじろう)は天保10年(1839)9月14日上越市の高田本誓寺町(現、東本町4丁目)の呉服商、市郎右衛門の長男として生まれた。幼い頃、倉石洞窩(どうか)の門に入り、倉地正久に剣道を学び更に江戸に遊学する。慶応2年(1866)京都に上り勤王運動の志士と交わり翌3年再び京都に上り、正木小七郎と変名し勤王運動に入り、当時、村松藩では佐々耕庵などが勤王運動を行っていたが、室孝次郎、弟の貞倉は米沢、村松、両藩と組んで会津を攻めようと企てた。 明治元年(1868)戊辰戦争に加わり、官軍が高田に入るとこれに加わ... 続きを読む
僕は今日、三歳になりました、、、、人間だと28歳くらいらしい、、、、 そろそろ彼女がほしいです、、、、 爺ちゃんが、シャンプーしてくれました、、 で 記念撮影です、、、   さいきん乃愛ちゃん、妹が生まれたら、 僕の事、足でけとばしたりして、いじめるんだ、 あたまにきちゃうワン、、、!                          
続きを読む


月末25日過ぎの最初の週末、しかも第四週だ、第2、第4の土曜休みのところは多い、条件は揃ったな! 今日の泊まり勤務は忙しくなるだろう、、、予定通り夜8時、点呼を受けて出庫し、フロントに一報を入れる、 おはようございます、3○○ 異状なし、開局、 どうぞ、! 駅前の待機場所に行く前に配車だ、、、それから駅前で長い時間待機する事なく動き回り、3時過ぎに定番のサンドイッチとジュースで軽い夜食、休む間もなく動き、楽しみだった NHK ラジオ深夜便、日本の歌心の歌 は全く聞けず、この時間帯が一番眠く... 続きを読む
日立造船因島工場に入渠して3日目の午後、無線室で仕事をしていると、クオーターマスター(甲板手)が、次席さん、アップさんが来ました、 と一人の白の制服制帽の若い男をつれて来た、直立で敬礼をして、 実習生の○○です、ただ今霞峰丸に乗船しました、宜しくお願いします、、ちょっと先輩風を吹かして、よし、頑張れ、、たのむぞ、、後輩の○○君だ、長崎県出身で実家は漁師との事、なかなか気の強そうな男だ、内心、虐め甲斐がありそうだな、、、私も10年前、東京駅を多くの後輩たちに見送られて乗船実習の乗船地、北九州の戸畑に向... 続きを読む


ジョギングを初めて2週間近くに成った、その間、比較的天候にも恵まれ勤務の都合で歩けなかったのは1日だけ、、幾つかのコースがあるんだがそのほとんどが登り坂のあるコースだ、初めは途中で何回か立ち止まり又歩き始める状態であったが最近は苦しい中にも足が前に出るように成った。初めは前をちんたらちんたら歩く老人を見て、あんなゆっくりした歩きじゃ効果は無いだろう、、、、と思ったが、、、しかーしだ! 坂道に来て、こっちは急激にスローダウン、、相手の老人は同じペースで坂道を歩く、みるみる差が開いていく... 続きを読む


毎月一回来越されるK先生の指導を受け、本社本店も毎月お祓い祈祷をして頂くようになった、そして1年ほど経ったある日、先生より湯殿山の滝行に行かないかとお誘いを受けた、地元からでもお誘いを頂けるのは僅かな人だけ、願ってもない事だ、地元から10数人、バスで出羽三山神社の羽黒山神社に昼過ぎに到着した、全国から100人ほどの人が集まって来た、特別に宮司さんの祈祷、祝詞を奏上して商売繁盛、家内安全等を祈願した。祈祷をして頂く時に来ていたシャツ、、、汗で着替えて又バスで本日の宿泊場所の湯殿山神社に向か... 続きを読む
所 上越市寺町2丁目にある浄土宗天崇寺、初めは長恩寺と言い、天正年間(1573-1578)に上杉謙信が春日山城下に創建した。慶長19年(1614)福島城主松平忠輝の高田城入城に従って高田城下に移った。寛永元年(1624)松平光長が高田城主に成ると越前宰相松平秀康(徳川家康の二男)の位牌所に、宝永7年(1710)には高田城主となった松平定重の菩提所となった。明治21年(1888)上杉謙信創建の極楽寺(寺町3丁目)の本堂を移築して極楽山天崇寺と改称した。 墓地には高田姫、高松宮好仁親王妃、小栗美作守の妻お勘(かん)の墓などがある。... 続きを読む


いつもは雑草が生い茂り見苦しい一角が今年は新規一転、家庭菜園に生まれ変わった、土が流れ出ないようにブロックで囲い、スコップで掘り起こし、雑草の根っ子を辛抱強く掘り起こし、堆肥を蒔いて6本の畝が出来上がり、ミニトマト、トマト、シソ、ナス、きゅうり、枝豆、かぼちゃ、セロリ、おくら、等、、ただ植えれば良いってもんじゃないんだけどさ、、、色々と植えてみました、、既にトマト、ナスは一部花も咲き始めました、、、土壌が悪く、全くの素人なので上手く行くかは解りませんが、夏の収穫時期が楽しみです。 ... 続きを読む
爺ちゃんが、天気も良いし、遠足に行くか、、、! と言う事で近くの公園に遠足に行きました。 そとでたべるオヤツはおいしいネ、、、 さいこう、、! よその保育園の子供もえんそくに来ていました、、、 あたしを見て、 あッ、赤ちゃんがいるッ、、、だって、 失礼しちゃうわ、、あたし妹がいるのに、、、、、   爺ちゃんと、いっぱいあそびました、、、 帰りは、つかれて自家用のあたしの三輪車で帰りました、、 ポンコツな爺ちゃんも、三輪車を押して、、フ―フ―、言ってました、、  
続きを読む


4月に大阪の堺港で本船、霞峰丸に2回目の乗船をして、サウディアラビアのラスタヌラ、カフジ、と2航海が無事に終わり堺港で原油を降ろして定期検査の為、広島県因島市(今は尾道市と合併か)の日立造船因島工場に入渠する、荷役終了後、作業員が大勢乗船して来た、四国沖でタンククリーニングの為出港、四国沖へ、、、作業が終了後豊後水道、来島海峡を通り因島市のドッグへ入った、1回目の本船乗船の時もここ因島ドッグであった、約1年振りだな、、、ドッグで前任の通信長は休暇下船し交替で休暇中大変お世話になった... 続きを読む
ジョギングを初めて5日が過ぎた、早足で歩いて1時間で約7、000歩弱ってとこだ、、1時間半で10,000歩と行きたいところだがその日の状況に応じて変える事にしている。コースも3つのパターンが決まったが後5つ位のコースを決めてその日の状況に応じて決めようと思っている。今日も新しいコースを開拓して歩いていると、池に浮かぶ神社を発見、発見と言っても以前から有る事は解っているんだが、いつもは車で、ブ―ッ と通り過ぎてしまうが、歩いていると又車の時と違った景色などが目に入る、直ぐ近くに越後一宮の居多神社があり、すぐ... 続きを読む


デジタルツーカーからジェイフォンに替って先行するドコモ(docomo)、エーユー(AU)、に比べるとまだまだ契約者数などは極端に少ないが、端末、宣伝などが功を奏し順調に契約者を増やして行っている、スーパーなどにお願いしてキャンペーンを繰り返す、、それなりに経費もかかるが今は未だ我慢の時期だろう、、、設備投資のかかる通話エリアの拡大はどうしても人口比率の少ない地方は後まわしに成る、まだまだ通話エリアの狭い地方での新規契約者の獲得は結構大変だ、キャリヤー(携帯電話事業者)からはショップの年中無休... 続きを読む


よく当社のタクシーをご利用いただくお客様に二種類のタイプのお客様があるんだな、、いつもおたくの会社のタクシーのお世話に成っているんだわ、と言う有難いお客様、、 いつも、お前の会社のタクシーを使っているんだから少々の我がままや無理を聞くのは当たり前だ、、、、と言わんばかりの腹の立つお客様、、、、ある居酒屋から乗車のご夫婦、大体はこちらから行き先を聞く前に ○○まで、、、となるんだが、こちらから行き先を訪ねると、ぶっきらぼうに ○○町、、と、こうだ、、、、1-2度はお供をした事が有ると思う... 続きを読む
愚禿親鸞(ぐとく)、、、、。越後国府に流された親鸞は、自らをそう名乗った。 謎の多い中世の越後で何を見、何を思ったか。 親鸞の教えのルーツにつながる七年間を、八百年の時を超えてその足跡を辿る。 今年は親鸞聖人の750回忌御遠忌の年でもあります、おりしも作家、五木寛之の 親鸞 激動編 が新聞に掲載されています、この機会に是非、浄土真宗の開祖 親鸞聖人の激動の七年間の足跡を辿る旅に出かけては如何でしょうか、、、、、、。 親鸞聖人、上陸の地                          = こちら... 続きを読む


今年の正月、新しい年を迎え今年の目標の一つに掲げた、体力増強、仕事柄どうしても運動不足は避けられない、先日の勤務先の健康診断では恒例のメタボ予備軍の診断、それに今回は一つプラスされた、血圧がちょっと高い、この二つに言える原因に、食事、運動不足があげられる、、甘いもの好き、しょっぱいもの好き、毎日酒を飲む、運動しない、、、、これじゃ太って、血圧も高く成るわな、、、それにもう一つ今年の目標の一つに掲げた、日本百名山の一つ、妙高連山の妙高山登山、出来れば火打山登山、、どうしても体力増強が... 続きを読む


乗船して3日目の早朝出港だ、既に前日の午後には荷役作業は終了している、空船に成った本船はデッキが見上げる高さに成っている、まるで島が海に浮いている感じだ、係留ロープが外されタグボートが本船を桟橋から引き離している、、客船の賑やかな出港風景とは縁遠い、桟橋には訪船して来ていた数名の家族が手を振っている姿が出港の面影を残している。堺港の沖合に出ると2隻のタグボートが本船を放れていよいよ日本ともおさらばだ、、、、、、、友が島水道を通り右舷に四国の山々、左舷に紀伊半島の山々が水平線上に浮か... 続きを読む
上越市国府1丁目にある 五智歴史の里会館 その昔、越後の国府(現在の県庁所在地)がここ上越市直江津の五智地区に有った事は地元の人でも意外と知られていない、一時期京都に次ぐ都会であったと言われ多くの著名人などが訪れ滞在したところである。ご多聞に洩れず最近の地方に多い衰退した駅前通りからは想像できないかもしれないが、、、、従ってこの地区には、親鸞聖人上陸の地、居多神社、国分寺、国府別院、鏡が池、養爺清水、柳清水、光源寺、十念寺、、、、など名所、史跡が多数存在する地域である、その中心地にある 五智歴史... 続きを読む


ある時、東京から来たと言う、リゾートホテルの会員権、ゴルフ場の会員権を扱っている業者がやってきた、近くのゴルフ場の会員権を買わないか、、との事だ、幾つかの資料などを置いて帰って行ったが、数日後、電話が来てこちらに来る用事があるから寄るとの事、、会員権は買わないので寄る必要が無い旨話したがやっぱりやって来た。全く買う気は無かったんだが、やはり心のどこかにちょこっと興味があったんだろうか、相手も上手だ、とうとう契約をしてしまった、 これからの事もあるし投資のつもりで、まーいいか、、、、... 続きを読む