IRIS


開業以来、毎年2回の佐渡への展示会、取次店開設、講習会など地道な行動が実を結び、ある程度の市場へと拡大した、しかし総人口7万の島だ、そうは大きな売り上げは望めないが、市場を大きくし、お客様に対する使命もある、思い切って出店する事にした、これで県内4店舗目に成る、スタッフも地元で良い人材が見つかり数年後には本人に独立してもらい、フランチャイズとする予定とした。スタッフも数週間本店で研修し、島の中心部に新しい店舗が完成した、お客様も殆んどが展示会などでの顔馴染みが多い、取次店は従来通り... 続きを読む

愛宕神社



五智、国府、この辺りには名所、史跡が多く存在する、歴史の里、国府1丁目、愛宕山麓に鎮座し、上杉謙信公が深く崇敬した愛宕神社に行ってきた。赤い鳥居(写真)をくぐり大きな杉の大木が立ち並ぶ参道を上ると社殿がある。上杉謙信公は出陣の折は必ず当神社に祈願されたと言う、私も参拝し大祓い祝詞を奏上してきた。赤い鳥居のすぐ右側にある参道は白山神社であるので為念、、、、祭神火産霊命(ほむすびのみこと)伊邪那美命(いざなぎのみこと) 


愛宕神社愛宕神社は延暦元年(782)今から122... 続きを読む


戦国の武将、上杉謙信公の居城、春日山城下の上越市埋蔵文化センターにて開催中の  ”謙信公と春日山城展” に行ってきた。2年前の私であればまったく興味の無い分野だが、会場の埋蔵文化財センターの前には敵と戦う馬上の謙信公の銅像が出来ていた(写真) 


写真右、  上杉景勝公写真中、  上杉謙信公写真左   直江兼続公それぞれの鎧、兜、会場にはNHK 大河ドラマ「天地人」に使われた衣装、春日山城の歴史、ジオラマ、上杉謙信公、景勝公、直江兼続公の歴史、資料などが詳しく映像を含... 続きを読む


先日の昼間の勤務の時だ、上杉謙信公が幼年期、文武に励んだお寺に配車に成った、相変わらず見物客が来ている。福岡から仕事で来たと言う60代の男性、帰りの時間までちょっと余裕があるので観光との事だ、お土産を買うとの事で駅の近くの交差点にある老舗のお菓子屋を紹介し下車された、丁度、工事中で片側交互通行の為、料金を頂いて運転席横の料金受け皿に料金を置いたまま直ぐに現場を去った、駅構内で料金をポケットに入れようとお金を見ると千円札が2枚のところ、何と3枚有る、2枚が新札でくっついていて解らなか... 続きを読む


9時過ぎに目が覚めた、三島型の本船、エンジンの振動も無く静かで乗船中である事を忘れる事がある、顔を洗い歯を磨き着替えてブリッジに肩振りに出かけた。サードオフィサー(3等航海士)の当直だ、能登半島、七尾市出身の独身だ、私の顔を見るとよく、次席さん、彼女紹介して下さいよ、、、! なかなかの男前で気の良い好青年だが、、クオーターマスター(操舵手)のKさん、福井県三国町、出身、、マージャンがめっぽう強い、、なかなかのコーヒー通で2種類のコーヒーの粉をブレンドしてコーヒーを入れてくれた、左舷... 続きを読む


開業して15年、念願の本店が新築開店する事が出来た、自分でも考えてもみなかった事、無我夢中で走ってきたような気がする、、実力があった訳でもない、ご愛顧頂いたお客様、取引メーカ各社、スタッフ、家族のお陰だ、運も良かった、時代の波に乗った感じだな、、、、以前にも感謝の意も含めて僅かな社会貢献をさせて頂いた、思いもかけず、金色有功賞を頂いた、その後、何回か感謝状を頂いたが今回法人化に組織変更後これを機に僅かだが社会貢献をさせて頂いた、数ヶ月後思いがけず日赤の県支部より連絡があり銀色有功賞... 続きを読む


毎年、夏の今の時期、NHKで ”思い出のメロディー”と言う番組が有る、先日も丁度テレビを見ているとニュースの後 思い出のメロディーが始まった、おー、いいね、、! 昔を思い出し、大変懐かしく聞いた。昭和40年前後は青春時代、どの曲を聞いてもそれぞれに沢山の思い出がある。 「あゝ上野駅」 30年代後半、首都圏に就職し、お盆、正月の帰省時は必ず上野駅から汽車に乗る、17番線くらいだったろうか、東北、信越、常磐線のホームがあった、当時一本だけあった気動車の特急”白鳥”直江津で別れて大阪と青森行... 続きを読む


昨日は朝の7時からの勤務、駅前は普段の日曜日とはちょっと様子が違う、若い女性がウロウロしている、中には中年?の女性も、大体が2人グループが多いね、、、第85回謙信公祭の2日目、ミュージシャンのGacktさんが出る出陣行列等が有る、全国から続々とGackt ファンが集まって来ている、今年は2年振り3回目の参加だ、、私も何回かお客様をお供した、 お客さん、春日山でよろしいですか、?  えッ、解りますか、? 解りますよ、顔に ガクト って書いてありますよ、、 行列が行われる沿道の交差点付... 続きを読む

寂しそうなリク、、



今日は泊まり明け、10時過ぎに勤務が終わり、作業服に着替えて1万キロ毎のエンジンオイルの交換、掃除機で念入りに車内の掃除、、そして車のワックス掛け、、汗が滴り落ちる、、昼頃家に帰りシャワーを浴びてビール、旨い、、幸せを感じる一瞬だ、、今日は高校野球の決勝、、地元の新潟明訓は準々決勝で強豪兵庫の報徳学園に2-1で敗れた、大健闘だね、、! 昨年の夢の再来はなかったが、、大好きな沖縄の高校に優勝してもらいたい、しかし多少は関係のある東海大相模にも優勝してもらいたいし、、どっちに応援すれば良... 続きを読む

会津墓地、、



上越市大貫、山麓線、大貫の信号(関根学園)を西に入り関根学園のグラウンドの手前、左側にある「会津墓地」に行ってきた。明治元年9月、戊辰戦争に敗れ会津城落城に伴い会津藩は領地を没収され、藩士と家族は官軍の捕虜となった。これらの捕虜を高田藩、信濃(現長野県)松代藩が預かる事となり、高田藩から家老の原陀一学らの一行が会津に出向き明治2年(1869)1月、1,742名の会津藩捕虜を引き取った。捕虜は寺町の各寺に分散して収容され、善導寺(寺町2丁目)が会議所、来迎寺(寺町2丁目)が病院などに充てられ... 続きを読む

迷惑な親切、、、



今日も通称、ロングと呼ばれる09:00~24:00までの15時間の長ーい勤務、会社で弁当を2回食べる訳だ、、、車の点検を済ませて運行管理者の点呼、09:00出庫だ、 おはよーございます、3○○ 異状なし、開局どーぞ、 3○○了解、○○○どうぞ、、 長い一日の始まりだ。ある住宅街の一軒に配車に成った、70歳くらいの男性だ、お客様、どちらまでいらっしゃいますか、?   俺、せ―うしけ、そごまっすぐえってくんない、、 (翻訳、私言いますから、そこをまっすぐに行って下さい)暫く走ると、 そご右、、、、、あー、右せ... 続きを読む


連日の猛暑で我が家に避暑にやってくる親子と仔犬一匹、、、、、水遊びのプールに水を入れるのが面倒な時は、天然のプールだ、、アンパンマンとバイキンマンで喜んで夢中で遊ぶ乃愛ちゃん(10カ月)、、、爺ちゃんもあたしと一緒に風呂入る、、、、!冷たくて気持ちいいよー、、、、、! 右の四角いの、ポッチン、ポッチンと           押してチョ―ダイ ⇒ 
続きを読む


午後のワッチ(当直)が終わり夕方、セイロン島のドンドラ岬を通過した、灯台の灯りを眺めていると遠く日本に居る家族の事を思い出す、今頃どうしているだろうか、多分日本ではもう寝たろうな! 夕暮れのインド洋、大型の外洋ヨットと行き交った、波間に浮き沈みしている、何処から来て何処に行くんだろうか、、、、日本を出て3回目の通過電報を本社に打電した、 ○○ヒ○○○○ドンドラツウカ、ヘムイカフジ○○ヒユウ」センテウ (○○日○○時ドンドラ岬通過、○○日夕方カフジ着予定」船長) ここからコースを北西にとりアラビア... 続きを読む


昨年の第91回全国高等学校野球選手権大会、新潟代表の日本文理の大活躍、新潟代表の高校が決勝まで勝ち抜くとは失礼だが誰が想像したろうか、しかも決勝の相手は春夏10回の全国制覇を誇る名門中の名門中京大中京を相手に10-4で迎えた最終回、5点をはね返し10-9、、、、あの感動は今でも覚えている、、、、、。  (^0^;)今年の第92回大会の新潟県代表は新潟県の名門、新潟明訓高校、決勝は昨年の覇者 日本文理を破っての県代表だ、、、県大会の結果2回戦    新潟東  0-7  新潟明訓3回戦    新... 続きを読む


都会ではバブルが崩壊して景気が悪くなってきている、と言うニュースが新聞などで報じられているが、地方はそれより数年遅れる、、我社は今が絶頂期だ、、、、、11月新装成った新店舗で、取引メーカー、関係者を呼んで開店披露を行った、そして夜、知り合いの割烹旅館で披露パーティーへ、近くの店舗兼用住宅でスタートして14年、思えば色々な苦労も有ったが、お客様、取引メーカー、スタッフ、家族のお陰でここまで来れた、、感無量、ただ感謝だ、、  


DM発送、新聞折り込み、地元有線放送で... 続きを読む


来年はオーストリアの軍人、レルヒ少佐によって日本にスキーが伝えられて100周年に当たる、明治44年の事である、ここ上越市(旧高田市)の金谷山はスキーヤーの聖地である、スキーヤーのどれだけの方がご存知だろうか、、、、連日の猛暑の中、何がそうさせたのかカメラを持って金谷山に行ってきた。ハンカチで汗を拭きながら標高94メーターの駐車場から周囲を見渡すと半世紀前の昔が懐かしく思い出される。レルヒ少佐      =こちら=金谷山スキー場   =こちら=    


随分と変わ... 続きを読む


毎日仕事で駅前待機場所で待機していると、駅前ロータリーの様子が嫌でも目に入る、特にお盆に入り下りの特急が着くたびに多くの人が駅から出てくる、当然かなりの迎えの車が来る訳だ、、一方通行のロータリーは前からタクシー乗り場(正面2台)、タクシー降車所、バス停留所、バス降車所、と続く、、当然、各表示柱が建っているんだが、迎えに来た一般の車はお構いなしに駐車する、田舎の駅とは言え時間帯により引っ切り無しに路線バスは駅前の停留所を通る、道路交通法第44条によれば、バス停の10メーター以内は停車... 続きを読む

インド洋の夕日、、



マラッカ海峡を抜けた本船はインド洋にでた、インド洋は太平洋、大西洋と並ぶ3大洋だ、コースをほぼ西にとりセイロン島(スリランカ)のドンドラ岬に向ける、、日本からのオイルロード、ペルシャ湾に向かうタンカー、ペルシャ湾から日本に向かうタンカーの通り道、ひっきりなしに大型船と行き交う、、この海域はインド洋、南太平洋に発生する熱帯低気圧、サイクロンが来なければ殆んど時化る事はない、、その代り赤道直下(北緯6度くらい)暑いのなんの、、、、、(^0^;) ちょっとブリッジ(船橋)に肩振り(船乗り... 続きを読む

医王寺薬師堂,,



上越市の金谷山の上り口右側にある医王寺薬師堂に行ってきた、真言宗のお寺だ、正式には 金谷山多宝院医王寺、薬師堂、(写真は薬師堂)当寺の創立や開基については記録が無く不詳である、寺伝によると、医王寺の創建は前九年合戦、後三年合戦の折り源頼義、義家親子が堂宇を建立したのが始まりとされています。江戸時代に入り高田藩が立藩すると医王寺のある方角が高田城からみると裏鬼門にあたる為、歴代藩主から篤い信仰をえた。特に寛永年間(1624~44)に建立された薬師堂は薬師如来を信仰していた時の藩主松平... 続きを読む


今日は夕方から夜中の12時までの勤務、月曜日はいつも暇な日が多い、、案の定暇だったが、、、 しかーしだ! 私だけが結構動いて、しかも雑収入の多い日だった、、、恐らくお供したお客様の三分の一はチップをくれたなーー、金額は殆んどが僅かな金額だが、こんな事は滅多に無い、勿論、別にチップをください、、と言ったわけでもない、あげると言うのに断るのも相手にも悪いし????、 遠慮なく頂く事にしている、、近距離のお客さん、 運転手さん、近くて悪いね、、 いえー、乗って頂くだけでも有難いことです、... 続きを読む