IRIS


ある時、大阪に有る出版社から電話だとの事、、、出版社?どこかの間違いだわ、、! いや、こちらの店の名前を言っているから間違いない、と言う。
電話に出てみると、大阪のある出版社だが、取材をさせて頂けないか、との事、取材を受けるほどの立派な会社でもないし、社員が6人の田舎のちっぽけな会社、間違いじゃないの? すると、「地域に生きる人と企業」と言う題材で今回は新潟県の特集だとの事、、、 ○○○○社、と言うがそんな会社、知りませんわ! と言うと、銀行、病院等の待合室にはよく置いてある本だと... 続きを読む


日中は20度近くまで気温があがったポカポカ陽気の泊まり勤務だ、晩御飯を食べてシャワーを浴びて会社へ、PM8時予定通り出庫した。25日と言う事もあり(給料日が多い)適度に動いたな。日付も変わり順次勤務が終わり残っているのは泊まり勤務の我が班と2班くらい、、、、
1時過ぎあるスナックに配車、、50代と思われる男女が乗車、、お客さん、どちらまでいらっしゃいますか?  すると 小さな声で ○○、 と一言、、、  んッ、何だろう、何処だろう! 一瞬考えたが、、 あー、あそこに有るファッショ... 続きを読む


今年の冬は暖冬で雪は少ないでしょう! 
気象庁、大部分の予想を裏切って、何年か振りの大雪に見舞われた、まさに雪国の本領を発揮したんだが、一時は家の周りでも1メーター50位は楽に有ったろう、、(写真左)


今日はポカポカ陽気だ、気温も19度だそうだ、ここんところの晴天続きで家の周りの雪もだいぶ解け(写真右)あと1-2日で完全に消えるだろう、、、、どうせ消えてしまうんだから、初めから降らなければいいの... 続きを読む


いやー、今年の雪には参った、、 しかし、ここ2-3日は10度を超すぽかぽか陽気、、ようやく雪国にも春を感じさせる今日この頃!

日本三大夜桜、第85回高田城百万人観桜会
今年の観桜会は4月2日(金)~4月18日(日)に決まった。昨年の第84回高田城100万人観桜会は、天候に恵まれ、又NHK大河ドラマ「天地人」効果も加わり120万人を超す人出で賑わった。    (^0^)
公園内は未だ60-70センチくら... 続きを読む

笠戸ドックへ入渠、、



佐賀関でのニッケル鉱の荷役が終了した。周防灘に面した山口県下松市の笠戸島に有る笠戸船渠(写真)に入渠する為(現在は新笠戸ドック)、笠戸島に向かった、数時間で笠戸島沖に到着、すぐにタグボートが来てドライドックに入り海水が抜かれて本船は完全に台座の上に坐った感じだ、いたるところペンキが剝げ藻が付着して1年間、荒波にもまれてきた姿だ、私もこの1年間、本船と共に生きてきた、、有難う日豊丸、ご苦労さんだったなー! そっと声をかけた、、、ここドックで約8日間、各部の修理、点検、検査、等が行われ... 続きを読む


昭和60年(1985)中曽根内閣の民営化路線のもとに3公社(日本電信電話公社、日本専売公社→現「日本たばこ産業」、日本国有鉄道→現「JR各社」)の民営化が決定した。これによりNTT回線に接続する端末等の工事も一般に開放される事に成り、端末なども家電メーカー、通信機器メーカー、等より発売に成り電気通信業界は一気に活気づいた。旧郵政省(現総務省)より同工事に従事する技術者の国家試験制度も発表に成り、電気通信設備工事担任者、デジタル1種、デジタル2種、アナログ1種、アナログ2種、アナログ3種、の資格が出... 続きを読む

直江津と安国寺跡、、



上越市の山麓線を直江津駅方面に進み上越大通りの交差点(セブンイレブン五智店の有る信号)を過ぎ100メーター程進むと小さな交差点(右先角が藤原医院)がある、右(南方向)に曲がり、すぐに交差点があるが、右に(西方向)曲がりすぐ左側(現、西本町2丁目)、民家の一画に「史跡 安国寺跡」の碑がある(写真)

安国寺と利生塔
安国寺(あんこくじ)と 利生塔(りしょうとう)は南北朝時代に室町幕府を開いた足利尊氏(あしかがたかうじ)、直義兄弟が、北海道、沖縄を省く全国各地に設けた寺院と仏塔... 続きを読む

俺も成長したろ、、




俺、小さい頃はこの中で行儀よく寝てたんだけどよ! 










俺、もうじきに2歳になるんだ、やっぱり寝る時はよー、手足を伸ばして寝るのが、いちばーん気持ちが良いな! 
緑のボールは俺のお気に入りさ、、、、俺も成長したろ!


                

続きを読む

佐賀関入港、、



ぼーッ、と言う汽笛の音で目が覚めた、カーテンを開けてポールド(窓)を覗くと本船の前方に大きなタンカーが見える、本船が針路を右に向ける、と言う合図だ、、本船の左舷を通過して行った、ファンネル(煙突)を見ると以前に短い期間であったが在籍した事のある会社の社船だ、恐らく岩国か徳山から中近東のペルシャ湾に向かうのだろう、、間もなく 水の子灯台が見えてきた、日豊丸で眺めるのはこれが最後になるだろう、、右舷に四国の島影、左舷に九州の島影を眺めながら豊後水道を進み、見えてきました、佐賀関の2本の... 続きを読む

○○回目の誕生日、



泊まり勤務明けで昼近くに帰り、ビールを飲んでバタンキュウ、、、、赤ちゃんの叫び声でふと目が覚める、、娘が乃愛ちゃんを連れて又楽をしにやってきたようだ。この子は大物になるわ! ある小学校の5年生の授業の一環で”赤ちゃんとのふれあい”の赤ちゃん役でどのような関係なのか知らないが、4人の赤ちゃんと母親が参加したとの事、他の赤ちゃんはぐずったり、泣いたりするのに、この子は代わる代わる5年生の子供に抱っこされたり、落ちそうなほっぺをなぜられたりしても嫌がらず、たまにニコッとして愛想を振りまいてい... 続きを読む