IRIS
天下の武将、上杉謙信の春日山城の支城群の一つで信越国境を警備する重要な拠点であった、箕冠城跡(みかぶり)へ行って来た。県道、新井柿崎線から眺める山容は中世の典型的な山城にふさわしい雄姿である。この箕冠山は海抜237メーターで三方向が切り立った断崖となっており、東に大熊川、西に小熊川が流れており、堅固な山城である。、、、、、、、、、、
新井、柿崎線、板倉区地内から、県道254を久々野、山寺薬師、やすらぎ荘、方面に入り山部地内(しみず屋の先)のY字路を右にしばらく進み、菰立(こもだて)地内に入ると大... 続きを読む
千島列島沖からどんどん南下し、北海道沖へ、日本の中波の海岸局が良く入る、ほっとするね、さらに三陸沖を南下、房総半島南端の野島埼から伊豆大島の近くを通り、伊豆半島南端、石廊崎を右舷に見て駿河湾、、、、紀伊半島の潮岬方向にコースをとる。又しばらく日本の島影が見えなくなるかな、、
いやー、今航は色々な事があった、1年分の航海を1航海で全て経験したって感じだな! 一か月ぶりに見る日本の景色は懐かしく、いいねー! 今までの連日の時化は嘘のようだ、沢山の船と行き交う、んっ、○○海運の船だな、F先輩は元... 続きを読む
車で郊外を走っているとあちこちで北陸新幹線の工事をやっている、6-7年後の開業を目指して急ピッチだ。地元の駅舎の工事も始まった、しかし肝心な駅名が未だ決まっていない、駅名どころではない、在来線の新幹線駅への乗り入れ工事もJRなど等との調整がつかず、開業に間に合わない可能性も出てきたようだ。この新幹線、地元でも地域、など等で、賛否両論、いろいろだ。今は東京までほくほく線経由で2時間ちょっと、開業後はほくほく線の特急電車は廃止となるようだ、直江津地区の人々は新幹線の駅まで在来線で乗り継ぎとなる、乗継... 続きを読む
いつもは有給下船すると、一番初めにする事は休暇中の足を確保する為にレンタカーを借りる、当時の私のお気に入りは、日産 サニー (写真) だ。
1ヶ月間、長期で借りる、自家用車の購入も考えたが、年間乗る期間は約2ヶ月、(神さんは当時車の免許は無い)、駐車場は屋根なし、保険など維持費を考えるとレンタカーの方が有利かなー、と判断した。
                   ある時知り合いが、車あげるが、いらないか? と言う。 乗って来た車が、トヨタ カローラ 1100  (写真) たいそう古い... 続きを読む
今月に入り前半、連休中は比較的忙しかったんだが、連休後はどうも暇になったなー、例年の事なんだろうが、あまり暇なのも疲れるね。。
新人のドライバーもどっさり入社して運行台数も増えてきた。運行管理室のボードにかかっている名札、当然私の名札は一番下にあった(歳だけは大ベテランなんだけどネ)、昨年1人女性のドライバーが入り、下から2番目に上がった、、、、
しかーしだ、今年に入り20代30代40代の若い乗務員(女性も)どっさりと入社してきた、それぞれ研修期間も終わり乗務している、名札も私の下に1... 続きを読む
「日本のアンデルセン」と称された、童話作家、小川未明(健作)は明治15年(1882年)、最後の高田城主だった榊原家の家臣で小川澄晴氏の二男として、現上越市幸町に生を受ける。
奔放だった未明は、岡島小学校(現在の上越市立大手町小学校)の授業を幾度となく抜け出し、土手などで遊びまわって過ごしたという。13歳になり、入学した高田中学(現在の新潟県立高田高校)では、代数・幾何学など苦手な分野には関心を示さず、文芸や政治関連の書物を読みふけった。結果、成績は偏り、3度も落第したという。
3度の落第を経た... 続きを読む
復航は時差の関係で毎日約30分くらいずつ時計がバックする、いつも午前中に時間調整する為、午後から当直の私は、30分くらい余計に寝れる感じ。当然、往航時は時間が進むので寝れる時間が少なくなる訳、、、、、
2日前に日付変更線を通過した、1日飛び越して日にちが進み、徳をしたのか損をしたのか、、考えてみたら、行き、帰り、でおあいこだわ。。それにしても今航は大変な大時化て参った、参った、だ。でも大分時化も収まってきたが、それでもよく船が壊れないなー、と思うくらいの大きな波が船体にぶち当たる、、 続きを読む
先週の日曜日は仕事で夜NHK 大河ドラマ 天地人 を見れなかった(仕事中に携帯のワンセグでちょっと見た程度)。午後1時過ぎからの再放送を見たらブログを書く時間がなくなった。これから仕事だ、、 (^0^;)
ちょうど娘が仔犬を連れて来ていたので、、

 こんなんでどうだ!! 
    俺、もうすぐ1歳になるよ!

       ポチっと頼むワン⇒
続きを読む
年末も押しせまった昭和52年12月23日、大阪、堺市の関西石油の専用岸壁で油送船 ”霞峰丸”14万トン(写真)に乗船、4航海、日本と中近東ペルシャ湾の航海に従事した。そして翌、昭和53年7月1日同じ堺市の関西石油の専用岸壁で本船を有給下船した。実は最後の航海中、上司のK通信長に、今航を最後に休暇下船、退職し趣味が高じた商売を始める旨、色々と相談をした。K通信長「実は私も一度船員を辞めたことが有るんだが、又船に戻ってきたんだよ、なまじ免状を持っていると、駄目なら又船に乗ればいい、という甘えが出ちゃう... 続きを読む
日中は30度近くまで気温が上がったようだ、久し振りの昼間の勤務。
たまには昼間の勤務も良いねー! 毎日夜、暗い時ばかり働いていると、人間も暗く成るような気がする、、今日は天気も良いし、鼻歌の一つも出そうな気分、、、   (●^も^●)

  ♪ ♪ ♯ ♪ ♭ 県道の大きな交差点、左折し始めると向い側の横断歩道を3人連れの小学生低学年の女の子が横断歩道を渡ろうか、私の車の通り過ぎるのを待ってから渡ろうか、迷っている感じ、、以前の私なら、すかさず急いで左折する、、、、
しかーし、今の私... 続きを読む