IRIS

先日仕事で空港に行った帰り、別府市内の国際観光港の横を通ると元船乗りのhamさん、つい目が海の方に向いてしまう。大型豪華クルーズ客さんが時々入港しているんだが今日はいないな、しかーしだ!フェリーサンフラワーの後ろに1パイの船が停泊している、型からして旧航海訓練所の青雲丸だな? 何度も見ているがちょっと寄ってみるかね、近づいて何気なくファンネル(煙突)を見ると、何ー?母校の海洋調査練習船”望星丸”じゃないか!!車から降りて岸壁に行くと学生がデッキワーク(ペンキ塗り)をしていた。私も若い頃は船乗りだったよ、君たちの先輩だよ、望星丸の前の東海大学丸二世に乗船した事があるよ、東海大学丸二世を知ってるだろう?と訊ねると、「聞いたことはありますが、、、、」と愛想の無い返事が返ってきた、無理もない話だ、つくづく時の流れを感じたね、私が乗船したのは昭和44年の事だ、平成5年に現”望星丸”(写真)が就航し東海大学丸二世(写真)が引退した。出港は何時か訊ねると日曜日の朝9時との事、午前中は山に行く予定だ、日曜日の午後も停泊していれば午後にでも訪船し船内でも見学させてもらおうと思ったが、、9時に出港して清水港に向かうと言う、岸壁からじっくりと眺め、学生に、一生懸命に勉強して立派な航海士に成れよ!と言うと、「ハイ、頑張ります、有難うございました」と元気な返事が返ってきた、、


0 コメント