IRIS

大分百名山 内山

日曜日は天気は良さそうだし2週間ぶりに山行きと決めた。何処の山に行くか、今年に入り5~6座ほど登ったがハイキングに毛の生えた程度の山だったが、何とか足腰の具合も問題がなさそうだし、そろそろ本格的な山らしい山に挑戦してみよう。大分百名山の内山(1,275.4m)に決めた。高速道で登山口の塚原温泉に向かい駐車スペースに車を止めて登山靴に履き替えて準備完了だ。コンクリートの作業道を歩き、少しづつ登って行くと間もなく噴火口から無気味な音を出して噴気が上がっている。左に伽藍岳、右にこれから登る内山が見えるが結構きつそうだな、、間もなく塚原越えに到着、伽藍岳と内山の分岐だがこれからが本格的な登山道だ。間もなく稜線に出た、狭いところは50センチくらいで両側は谷に落ち込んでいるが樹木がある為に恐怖心は無いね、汗ばんだ身体に時々吹いてくる風が気持ちが良い、そしていよいよ急な登りだ、何か所もロープがあるが慎重に高度をかせぎ進んでいくと前方が明るくなってきた、いよいよ頂上かな?ニタッとしたのもつかの間で又稜線に出た、、稜線の前方に三角錐の形の良い内山がそびえている、えー、未だ登るのかよ!一息入れて気持ちを取り直して歩きはじめしばらく進むと比較的に大きな岩が出てきた、間もなく石楠花尾根コース、大平山(扇山)方面の分岐に来た。息を切らして登って行くと前方が開けてきて見ると頂上らしき標柱が見えている、頂上だ。久し振りに山らしい山に登った感じだね、、登山口から2時間20分で調べたコースタイムと同じ、俺もまだまんざらじゃないね!360度の大パノラマだ、コンビニでゲットしたオニギリを食べるが美味しい事、経験した者でないと解らないだろうで、、貸切で絶景の独り占めだ、40分ほど堪能して下山を始め無事に登山口に戻ってきた。

0 コメント