IRIS
天気も良さそうだし2週間ぶりに山行きを決めた、しかし午後から用事もあるので昼までには帰らないといけない。なるべく近くの山と言う事で九重町にある大分百名山の平家山(1,023m)に決めた。高速で湯布院ICで降りてR210を日田方面に向かい水分峠を過ぎ4キロちょっと走ると右に曲がる小さな交差点(標識などは無い)があるがここを左折する。高速道の下をくぐり暫くで小さな橋「平家山橋」を渡り小さな集落を過ぎ道は狭いがコンクリート道の林道を進むと尺間神社の鳥居がある(写真)、ここに車を止めてゲートを通りコンクリート道を登って行く3~40分ほど進むと右側に平家山登山口の標識が現れる(写真)、ここからが登山道になる。しかし歩きやすく木立の中を気持ちよく登ることが出来る(写真)、ところどころに植物が出てきている、これは確か紫の綺麗な花が咲くやつだが名前は興味が無いので解らない!体は汗ばんでくるが時々木立の間を吹き抜ける風はひんやりと気持ちが良い。間もなく平家山の頂上にたどり着く(写真)、今回も貸切だね。視界良好とはいかないが木々の間から回りの山々が臨める。15分ほど休み下山を始めたが、ご当地には良い山が沢山あるね、、、

0 コメント