IRIS
ニューカレドニアの首都ヌーメアに入港して入港手続きをして夕方に積み地のテオディに向けた。朝には積み地の沖にアンカー(錨)を下し、さっそく作業員がボートでやって来て打ち合わせ、間もなくニッケル鉱を積んだ艀がタグボートに曳かれ本船に接舷、さっそく荷役が始まった。甲板部は荷役作業で忙しいが我が無線部、機関部は航海中できない機器の手入れなどを行うが無線部は午前中は手入れなどを行い午後は自由時間だ、私は昼寝、読書、釣り、ボトルシップ作りなどを行う。
入港2日目の朝、サロン食堂で朝食を食べているとチョフサー(1等航海士)が救命艇の試験を兼ねて沖まで釣りに行くが行かないかと誘って頂いた。通信長にお伺いをたてると、一杯のおかずをたくさん釣って来るならOKと言う、えー、いいですよ、食べきれないほど釣ってきます!と言う事で持ち主の解らない釣り道具を持って他の乗組員数人と救命艇に乗船し沖に出かけた。遥か沖にサンゴ礁が見えるが近くまで行きエンジンを止めて釣りを始めた。海の綺麗な事は日本近海では想像できない透明度だね、海底を泳いでいる魚が手に取るように見える。その近くに糸を垂らすがなかなか餌に食いつかない、そのうちにググっと強い当たりが、糸を慎重に手繰りあげると30センチくらいのヒラアジが釣れた、名前も解らない熱帯魚のような綺麗な魚も釣れるが食べる気にはならない、小さなサメも釣れた、エサは何でも良さそうだね、やっぱりこちらの魚は純粋だ、何でも付いていれば食いついてくれる。2時間ほどで近くの砂浜に上陸し、燃えそうな小枝を集めて持ってきたヤカンでお湯を沸かし司厨部に作ってもらったオニギリでお昼とした、これが又美味しい、、、昼食後も1時間半ほど釣りをして皆で食べられそうな魚をバケツ2杯ほど釣った。意気揚々と船に戻り司廚部に調理を依頼し夕食には刺身と煮魚がテーブルに並んだ、、、

0 コメント