IRIS

大分百山 冠山


日曜日はなんとか天気はもちそうだし久しぶりに(2ヶ月)振りに山にでも行くかね、昨夜決めた。腰の具合もまだ完ぺきとはいかないし、あまり無理は出来ない、久しぶりなので、なるべく近くの歩く時間の短い山にしよう、大分百山の冠山(761,4m)に決めた。8時過ぎに家を出て国道210号線を湯布院方面に向かい、庄内町の市庁舎から左に曲がり県道621号線を暫く行くと左に直入町方面に行くT字路があるがこれを曲がり5キロくらい行くと永慶寺トンネル(写真)があるが、手前を右に入る林道がる。
 

コンクリート舗装された道を数百メーター進むと右に入るY字路があるが(少し左カーブ)その左側が町の文化財に指定されている旧永慶寺跡だ(写真)、右側に登山口の小さな標識がある。ここの路肩に車を止めて支度をして右方向に緩い登りのコンクリート道を歩くと間もなく又Y字路がある。こちらを左に進みしばらく進むとコンクリート道は終わる。ここからは本当の登山道になるが、あまり有名な山ではない、登るのは県内在住の大分百名山を登る人くらいだろう、途中に案内板などは無く登山道らしい登山道ではない部分がほとんど、従って踏み跡も乏しくイノシシか鹿だろうか足跡が時々あるていど、登山道を示す赤いテープも登山道が解るところにたまにある程度だ。白いテープもたまに有るが色あせてなかなか見つけにくく勘が頼りだ、、何度か登山道を見失い登山を断念する事も考えたが時間もあるし、天気も夕方までは問題なさそうだ、もうちょっと頑張ってみよう、、かすかな踏み跡と勘で何とか進み、、
 
 

下調べで最後の急登を10分くらい登りきると頂上と合ったが、この急登を登ると頂上かな? 苦労の末冠山(761,4m)の頂上にたどり着いた(写真)、360度の展望とはいかないが木立の間から近隣の山々が臨める、苦労した甲斐があったなー、、途中のコンビニで買ったクッキーとお茶で15分ほど休憩し下山を始めたが、下山も途中で2回ほど登山道を見失い苦労した。これで大分百山を41座制覇した事になる、何とか百座を制覇したいもんだがね、、、
 

0 コメント