IRIS
ドッグに入渠中は夜はやることが無く暇をもてあます、ドッグハウスで早い夕食を済ませるとドッグの自転車を借りて少し離れたところにある居酒屋に出かける、ドッグの近くの居酒屋は家族が来ていない船の乗組員が行くので避ける、、ある時にお店のママさんが、お客さんは長男ですか? と聞いてきた。いやー、俺は男4人女2人、6人兄弟の下から2番目で4男ですよ、、すると、じゃ家を継がないでいいのね! 私とちょうど1廻り違う長男の兄が継いでいますよ、すると、お客さんお見合いをする気はないですか? いやー、俺は未だ25歳だよ、、あらーちょうど良いじゃないですか、一つ年上の26歳で綺麗な優しい人ですよ、船員さんが良いって事で、誰か良い人いないか紹介してって頼まれているんだけど、出港するまでに一度会ってみませんか! はい、考えておきます、、と返事はしたが結婚なんてまるで考えていない、まだまだ遊びたい。その翌日からは、お店に行きづらくなりそれっきりだ、、もうママさんも他界されているだろう、、
 

0 コメント