IRIS
タクシー業界にとって12月は一年で一番いそがしい月だが、新米ドライバーのhamさんにとっては今のところ運賃収入があまりパッとしない。その原因の一つは毎日腰痛の治療に通院していることもあると思う、約1時間半くらいの時間的なロスがある。昨年の運収の実績を見てみると12月だけで3回も空港に行っているし、湯布院へも行っている、この差は大きいねー、、10:30過ぎ仕事も一段落したし、今のうちに治療に行くかな、配車室が呼んできた、今日はこれから予約などがありますか? いえ、まったくありません、データーを送ってきたが、見ると、空港に到着するお客様のお迎えだ、しめた! 空車で空港へ向かった。到着ロビーで到着予定を確認すると15分遅れるようだ、空港内のコンビニでクッキーとコーヒーを買い車内で軽い食事だ。10分遅れで東京からの便が着きボーデングデッキに向かっている、さーて、行くかね、車を到着出口に移動し、プラカードを持って到着ロビーで待っているが、それらしき人が出てこない。まさか乗り遅れたとか、キャンセルは無いだろうなー、到着のお客さんが途切れた頃になって女の子供を連れた女性が、あのー、○○ですが! と声を掛けてきた。行き先は市内の総合病院だ、高速で行ってください!大体想像はつく、こういうお客さんはあまり話しかけない方が良い、、空車になると天気も悪いせいか次から次へと配車になる、お蔭で治療に行ったのは3時過ぎだ。忙しかったねー、、、
 

0 コメント