IRIS

久し振りのドライブ

8月の末より腰痛(臀部)で家と治療院の往復で全く遠出はしていない、せいぜい別府国際観光港に客船を見に行った事と、佐賀関にミカンを買に行ったくらいだ。数日前に会社に行き19日より仕事に復帰する予定の旨、報告に行ってきたが不安が無いわけではない。仕事に復帰して又足が痛くて休むことは退職につながる。はたして長時間の車の運転が出来るか?長い距離ではないが歩行など一日の仕事に耐えられるか? 天気は良いし足腰の試運転を兼ねて久しぶりにドライブに行ってきた。
 

長湯温泉から久住高原、やまなみハイウエーを通り湯布院へ、城島高原から別府を経由して帰るコースを決めた。1時間半ほどで直入町、長湯温泉の「道の駅おんせん市場」(写真)へ立ち寄った。
 

長湯温泉から久住町、久住高原を快適に走る、黒岳、大船山、久住山など九重連山が美しい姿をのぞかせている。標高のあるこの辺りの紅葉は既にピークは過ぎているが快晴の日曜日だ、車やツーリングのオートバイが多い、昼時で腹も減ってきた、ドライブインは何処も混雑している、旨いソバでも食べたいね、、
 


そーだ、黒川温泉あたりに行けば美味しい物でも食べられるだろう、やまなみハイウエーの瀬の本からR442を黒川温泉に向かうと黒川温泉を過ぎたあたりに手打ちソバののぼりが、、コレコレ!(写真上) しかーしだ! 駐車場には十数台止まり満杯じょうたい、やっと1台見つけてなんとかセーフ、、玄関や外に人がうろうろ、先客がいて6番目だ、待つ事30分、ようやく席が空き中に、「ソバ天」を注文し待つ事10分、出てきました(写真下)、本物の手打ち蕎麦を食べさせるお店で、値段も良いが店内の雰囲気も良く、古民家風の店がソバの旨さを一層ひきたたせてくれる。
 



腹か減も良くなり、やまなみハイウエーを湯布院へ向かった。途中の九重連山の登山口の牧ノ戸の広い駐車場は登山客や観光客の車で一杯だ。九重連山や涌蓋山、猟師岳などを眺めながら快適に走り湯布院の狭霧台で一休み、正面に見える由布岳(写真中)、今までに3回ほど登ったが今年は登れなかった。ここから眺める由布盆地(写真下)の朝霧は有名だ。一息入れて城島高原から別府に入り無事に帰宅した。かなりガタの来た身体で大分県内をプチ1周してきたがなんとかなりそうだね、、
 

 

0 コメント