IRIS

立冬

ふとカレンダーに目を移すと今日は「立冬」と書いてある。ご当地は朝から良い天気でNHKの朝ドラを見て、いつものように整骨院へ治療に行くのに半袖シャツにチョッキを着て出かけようとすると相方が、ちょっと、みっともないから半袖はやめてよ!俺は寒くないんだからいいじゃないか、、とも思ったが、11月に入り1週間が過ぎた、この際いう事を聞いておくかね、、長袖のYシャツに着替えて、その上にチョッキで出かけてきた。ご当地に引っ越してきて丸5年になる、早いねー。最近は温暖化のせいか全国的に気温は高めだが、郷里の新潟では子供の頃は11月ともなれば、稲刈りはすっかり終わり寒い日は霜が下りる、田んぼの中の水たまりには薄い氷が張る、小学校に行く時に長靴を履き、わざと田んぼに入り、薄く張った氷を長靴でパリパリと割って遊びながら学校へ行った記憶がある。どこの家庭でもこれから畑から大根や野沢菜を収穫し、冬用の漬物作りや、家や植木類の冬囲いに大忙しの時期を向かえる。しかーしだ!南国のご当地では冬囲いなんてのも無いし、ましてや野沢菜なんてのも無い、あと2ヶ月もしないで正月を迎えるなんて全くピントこない。

0 コメント