IRIS
以前は同業でよく一緒にゴルフなどを楽しんだ新潟県在住の仲間が年に数回、仕事で九州に車でやってくる。70歳代の中頃だがいつも新潟から夜中に車を飛ばして九州各県の顧客をまわる。少しだが田んぼを耕作しているので毎年今の時期、車にコシヒカリの新米を積んできてもらう。今年もその時期が来た、昼過ぎいつもの高級車に新潟産コシヒカリの新米を積んでやって来た。おい、元気かね! 今回はいつもとちょっと違う、あまり見せたくない情けない恰好だ、、本来ならば夜にでも一杯といくところだが今回は残念だがちょっと無理、12月にまた来ると言う事で、その時は都町でも行って久しぶりに自慢の喉を聞かせてもらおうかね、、これで又一年間おいしいご飯を食べることができて、感謝、感謝、、

 

信濃恋
作詞: 坂詰晴夫
作曲: ノヴァ高橋
編曲: 木内市左衛門
唄 : 坂詰晴夫



 


 
湯の町よもぎひら
作詞  : 坂詰晴夫
作曲編曲: 玉城まさゆき

唄   : 坂詰晴夫

 



 
懐古
作詞  : 坂詰晴夫
作曲編曲: 玉城まさゆき
唄   : 坂詰晴夫


 

0 コメント