IRIS

昔の話??

新しい安倍改造内閣の閣僚が発表された。途端に某大臣の100万円貰った、貰ってない、の問題が週刊誌に報道され大きな問題になっている。当の本人は貰ってもいないし言ってもいない、、都合が悪い質問には法的な手続きを準備中なのでそれに対する回答は差し控える、とのらりくらりと一般庶民を馬鹿にしたような発言を繰り返す、誰が聞いても内容からして貰ってるに違いない、国会が始まれば野党の厳しい追及は免れないだろう。加計学園、森友学園の問題、誰が聞いても理事長と面会しているだろうし、森友問題も口利きがあったに違いないがうやむやに終わりそうだ。優秀な議員さん、どうしてわけのわからない言い訳ばかりしたり、のらりくらりと逃げるのだろう、まー立場じょう解らんこともないがね、氷山の一角だろうが、、、



ふと今から40年近く前を思い出した、、、。船員生活に終止符をうち、郷里に帰り小さな事業を始めた。5万円で買ったボロボロのトヨタカローラ、初めての自家用車だ、旧直江津駅(写真)に取引メーカーを迎えに行き駐車場で止まっていると、バックして来た黒塗りの高級車がドスン、と愛車?に当たった、窓から顔を出し後ろを振り向いた姿はネクタイを締めた上品な見出しなみの年配の男、降りてくるかと思いきや、そのまス―ッ、、、と立ち去った、、、何ー! 直ぐに降りて愛車を見るとかなりのみが有る、相手はこんなボロ車、と思ったのかこれだけ凹んでいるのに気が付かない筈がない。直ぐにナンバーを覚えながら追いかけようとするが当の車はそのまま行ってしまった。気がおさまらない、店に戻りすぐに近くの交番へ。数字の左の文字はハッキリと覚えていないが、事情を話すと直ぐに照会センターに問い合わせてくれた。県内に同じナンバーの該当車は6台あるとの事だが、車種、色からしてこの車でしょう、、、、と教えてくれた。名前を聞くと、んッ、聞いた事のある名前だな―、、、! 警察官が捜査しますか、と言うが車も古いし、ひと言謝ってくれれば気が済むんだが、、、腹の虫がおさまらない、帰って早速電話をすると予想通り相手は近隣の町の町長さんだ。直ぐにピンと来たようだ、直ぐにお詫びに参ります!と言う。しかーしだ! 間もなく秘書らしき男が菓子折を持ってやって来て平謝り、、 何で、本人が来ないんだ、、、、 おいらも若かったねー、、、

0 コメント