IRIS
金曜日の昼下がり、今日は久しぶりの快晴、おまけに気温も上がって汗ばむ陽気、、駅構内のタクシー待機場所はタクシーで満杯、車から出て携帯用の灰皿を持ってタバコを吸っている者、仲間と話をしている者、いろいろだ。下りの特急が到着し、お客様がエスカレーターで降りてきた、。んッ、おいおい、、何だ、、、 運転手の目線が一斉に向けられた、ひときわ目立つ長身のセーラー服姿の旅行カバンを引いた女性だ?別にセーラー服姿は珍しい事もないんだが、その年齢が問題だ!40代後半か?おまけに、ご丁寧に髪の毛は三つ編みにしている、ちょっと頭おかしいんじゃなの、誰もがそう思うだろ、わが社のタクシーに乗車して走り去った。誰からともなく、、おい、今のは何だ、ちょっと頭がおかしいんじゃないの? そー言われれば他にもこの辺では見かけない様な女学生の制服を着た元女学生と思われる年代の人も数人降りてきた、又この暑いのにコートを着ている女性も、、ははー、あのコートの下にはセーラー服かー? 30分くらいで先程の長身の女性を乗せた車が戻ってきた。今日、明日とGactさんのコンサートがあるんだそうだよ、学園祭とか言ってたなー、会場の周りはセーラー服や女学生の制服姿の女性でいっぱいだよ!  納得、納得
  あるホテルには配車になった、やはり40代か50代か?制服姿の女性が会場まで乗車された、お客さんもGacktさんですか? と尋ねると、運転手さん歳を聞かないでね、、と先制攻撃、いやいやとんでもない、お客さん良くお似合いですよ、いいの、そんなお世辞言わなくても、馬鹿だなーって思っているんでしょ、そーです、なんて言えないし、、恥ずかしいけど制服姿でないと会場に入れないしGacktに会えないもん、、俺には解らんね! 今度は夜の8時過ぎ、コンサート会場の前のロータリーはタクシーでぎっしりだ、私も会場とホテルの間を何回も往復した、夜遅くまで小さな街の駅前あたりは制服姿の女性で賑やかなこと。
土曜日は夕方4時から夜中の1時までの勤務だが運行管理者から明日は午後の2時から頼むわ、それじゃ終わりは23時ですか? と尋ねると、、いや、終わりは同じだ午前1時だ!ガクッ、11時間勤務だぜ、まーいいか、Gackt要員だ、駅、ホテルから会場へ、会場から駅へ、ホテルへ、Gacktのファンはみんな気持の良い人ばっかりだった、何回お供させてもらったろう、、疲れたなー、、ある埼玉から来られたという女性、新潟は食べるものが美味しいですね、それにタクシーの運転手さん、みんな親切で嬉しかったー、、せめてもの慰めだ、、

0 コメント