IRIS

退屈な毎日

五年前の癌入院手術の退院後は病みあがりであったが、精神的、気分的、体力的にも少しづつ回復し元気を取りもどし2か月後には片道1時間くらいの低い山に登った。しかし今回は腰から上は極めて元気なんだが腰から下が言う事を効かない、歩く事ができればやる事はいろいろあるんだが、未だ右足で数秒しか立っておれない、杖をついて2~30メーターもゆっくりだが歩けば痛くて痛くて、。はがゆいねー! 9時頃に整骨院え行き、電気治療、腰の牽引、腰のストレッチ、自転車、足でのペダル踏み、先生の施術、診察を受け帰ると昼だ。昼食を食べて少し昼寝をしたいところだが、長い昼寝は認知症になりやすいと言うし、太る原因にもなるし最近はなるべく寝ないようにしている。テレビのチャンネルを回しても、貴乃花親方、富田林警察所からの逃亡犯、作曲家平尾まさあきの遺産問題などばかり、、暇にまかせて4時過ぎには風呂を沸かしてゆっくり風呂に入るが精々30分くらいだ、、暇だねー! 腰、足が痛く無ければ温泉など行きたい所は沢山あるんだがね。貧乏暇なしで、俺はやっぱり仕事をしていた方が良いね、、、

2 コメント

1年半も前からの症状で思い切って仕事を休んで完全に治せばよかったんでしょうねー、、
ある程度よくなると治療をさぼったり、又悪くなると治療する、の繰り返しできたのが
悪かったのでしょう。おまけに腰に負担がかかる運転の仕事で最悪の結果になりましたね。
整形外科クリニックもいくつか行きましたが、治療方法はどこもほとんど同じでした。
今の整骨院はクリニックと同じような治療にプラスしてストレッチ運動、その他の運動が
加わり、先生の施術があり一番に充実しているようです。お陰様で少しづつですが症状が
改善されているのが実感できますね、、これでダメなときは総合病院の整形外科で手術と
いうことになるでしょうね、ただ手術して完全に治ればいいのですが、仕事柄、色々な
患者さんに聞いてみると、術後は長いリハビリなどもありますが、ほとんど変わらない
ケースもあるようです。最後の手段はこちらでしょうが、その時は完全なサンデー毎日で
仕事も辞める時でしょうか、、
ham (2018-10-05 15:22)
暇なのはしょうがないものにしても、ひどい腰痛が長いですね。
別の病院に行ったのですか? 呑兵衛あな (2018-10-05 15:00)