IRIS
今年に入り、レスリング、アメリカンフットボール、ボクシング、そして体操協会などスポーツ界のごたごた、そのたびに関係者は否定したり言い訳をしたり、「火の無い所に煙は立たぬ」と言いたい。そんな中で今回の大坂なおみ選手の全米オープンでの優勝と言う明るいニュースが飛び込んできた。昔はテニスと言うとお金持ちのスポーツと言う認識があったが、最近は錦織 圭選手の活躍などで身近に感じる様になってきて、小学生がテニスラケットを持って歩いている姿をよく見るようになった。大坂なおみ選手は1~2年前くらいよりテレビなどでよく目にするようになったが、今回の四大大会の一つに数えられる全米オープンで男子の錦織 圭選手は残念ながら準決勝で敗退したが、私は大坂なおみ選手は近い将来世界を代表する大選手になると予感はしていたが、あれよあれよと言う間に決勝進出、しかも決勝の相手は四大大会で23勝もしているあの有名なセリーナ・ウイリアムズだ、アウエーの大観衆の中、観客のほとんどはセリーナ・ウイリアムズのファンだろう、審判に対する抗議など異様な雰囲気の中での勝利、しかもストレート勝ちだ。全世界のテニスファンの大部分はセリーナ・ウイリアムズの勝利を疑わなかったろう。しかーしだ! 今回はそれだけで終わらなかった、試合終了後の優勝者大坂なおみ選手のスピーチだ、日本人の謙虚さとアメリカ人若者の茶目っ気さがあらわれ、 「お客さんの大部分はセリーナ・ウイリアムズのファンなのにこのような結果になりすみませんでした、でも私はセリーナ・ウイリアムズと戦うのが夢でした」そしてセリーナ・ウイリアムズに向かって頭を下げて、「有難うございました」 大スタジアムのブーイングが感動に変わった、、、しかもだ、使用しているラケットは日本のヨネックス製の特別品ではなく一般に市販されているラケットという。大坂なおみ選手に帯同しているヨネックスの社員に対しほとんどラケットに対する注文は無いと言う。私も以前ゴルフに熱中しているころゴルフショップの社長に、 ○○さん、クラブばかり変えないで腕を変えたらどうだ! と言われたことを思い出した「弘法筆を選ばず」、道具じゃない腕だね、、ヨネックスといえば郷里の新潟県三島郡越路町(現長岡市)が発祥の地で、魚で有名な寺泊町にはヨネックスカントリークラブがあり毎年 ヨネックスレディースゴルフトーナメントが開催される名門コースだ、、 ( 私も以前に何回かプレイした事がある 

0 コメント