IRIS

由布岳は東峰と最高峰の西峰の2つのピークからなり、山頂には一等三角点があり円錐形をしていることから、豊後富士とも呼ばれている。深田久弥が日本百名山に入れなかったことを後悔した山といわれ、近年になって登山家である岩崎元郎が自身の新日本百名山の一座に選定した。

 
 

ご当地に来て豊後富士と呼ばれる代表的な山、由布岳は三回登ったが(東峰2回、西峰1回)いずれも中央登山口、西登山口から登った場合はマタエで西峰と東峰に分岐する。西峰は東峰に比べると鎖を頼りにチョイと危険度が増す、お鉢巡りが出来るんだが1時間ちょっとかかりかなりの体力、技術が必要との事で未だ制覇していないが何とか一度は挑戦してみたいと思っている。
 
2016・04・10
by  ham


 

0 コメント