IRIS
荷役作業も順調に進み1週間の停泊で荷役作業が終わり出港準備に入った。出港と言っても着岸しているわけでもない、クリアランス(出港許可証)は既に取得ずみで、アンカー(錨)がガラガラ巻き上げられエンジンが動き始め静かに大きな船体が動き始め、サンゴ礁のパッセージを抜け、ブリッジ(船橋)のキャプテンからフルアヘッド(全速前進)の号令がかかり日本の大分県佐賀関の日本鉱業佐賀関製錬所に向かい約13日間くらいの航海が始まった。順調な航海を続け3日目、太平洋戦争の激戦地ラバウル島沖を通過し暗いデッキで一人で黙とうを捧げた。翌日の午後、ワッチ中(当直中)に天気図を受信しているとカロリン諸島で台風が発生し北北西に進んでいる、まだ小型の台風だがだんだんと発達してくるだろう、今の段階ではこのまま進むとかなり接近するか悪ければまともにぶち当たることになりそうだなー、昼食の終わったキャプテンがブリッジに上がってきた、、本船はこのまま進み台風の前を横切って進み、台風の速度が速くなった時は本船のコースを変えることになった。赤道を越え暫くすると台風の影響と思われるウネリが大きくなってきて、ニッケル鉱を満載した本船はローリング(横揺れ)が激しくなってきた。翌日には台風の前を通過するが海上は大時化だ、10メーターもある波が本船の船首にぶち当たる、どどどどー、、しぶきがブリッジまで飛んでくる、本船のスピードも落ちて走っているのか止まっているのかわからない感じだな、、揺れが大きいため食事も簡単なメニューになったが、こちらも簡単な船酔いで食欲がない。ワッチが終わりシャワーを浴びる元気も無い、今日ばかりは一杯も無しでベッドに入るが揺れでなかなか寝付けない。朝目が覚めると揺れが少なくなっている、着替えてデッキに出てみると白波がたち、まだかなりのウネリがあるが海上は随分静かになった。だんだんと台風から離れて行くので食欲もでてきた、、さー、昼食を食べてワッチに行くかね、、、

0 コメント