IRIS

ニューカレドニア航路のニッケル鉱専用船、佐賀関丸に乗船して2航海目、フランス領ニューカレドニアの首都ヌーメアに入港する、灯台が見えてきた(写真)、こちらで入港手続きをして今航は終了後直ぐに積み地に向け出港する、従って上陸は出来ない。南半球のここニューカレドニアは日本との時差が2時間進んでいる、時差が少ないため日本との通信も楽だし、現地のnoumea radio/FJP の通信士はモールス符号の送信も上手で私のような新米通信士にとっては有難いね、、港内にアンカー(錨)を降ろすと間もなく官憲が上陸してきて1時間半ほどで終了した。官憲、代理店が下船すると直ぐに船内放送で、出港用意、おもて(船首)スタンバイ! の号令がかかり間もなくアンカーが巻き上げられ、エンジンが動き始めた。港外に出ると太陽が水平線に沈むところだ、夜明けには積み地の沖に到着する予定だ。 

0 コメント