IRIS

私と二種免許

今から11年前の秋、一人で営業に廻っていた時だ、営業活動の参考にする為に毎週火曜日に発行される求人情報の資料をハローワークに貰いに行くんだが、その中に妙に興味を引く内容があった。 あなたも2種免許を取りませんか、 無料! と言うものだ。 無料かー、良いねー! 心が動いた。但し幾つかの条件がある、年齢が55歳以上で決められたスケヂュールに沿って講習を受ける、他にも幾つかの条件があるがどうでもなる条件だ、いわゆる高齢者に資格を取ってもらい仕事の機会を与える、と言う国の政策の一環だ。年齢制限は十分にクリヤ―するし、決められた日程での講習はどうでもなる、 よし、タダならひとつやってみるか! と言う事ですっかりその気に成り申し込みをしてみると係りの人が、今年は申し込みが少なく、今のところ4人で中止に成るかもしれないが、 と言う事であったが一応申し込みをしてきた。 家族に話すと、そんな資格を取ってどうするの、タクシーの運転手でもするつもり、? と冷ややかな反応、、別にお金はかからないタダだし、資格を取っても荷物になるわけでもないしネ、、、数日後、主催者側の機関より電話があり、人数が少ないが開催するので開講式に出てくれとのこと、式に出て見ると2種免許受講者は私を含めてやはり5人、あとは他の資格を取る(フォークリフト、交通整理員、など)人達が、と言う事で全く予期もせぬ自動車の2種免許を取る事になった。決められた日に自動車教習所に行くと主催者機関の担当者が来ていて細かい説明があり、教習所側からも今後の詳しい説明が、、、最近は昔と違い2種免許取得も難しくなり、若い人でも補習無しで取る人は皆無だ、ましてや皆様はかなりの年齢なのでそのつもりで頑張ってほしい、、脅しともとれる嫌な発言、主催者機関からは正規な講習過程は無料だが補習は実費で本人負担、とこれ又嫌な話し、そこは55歳以上の人生経験豊富な?受講生、、、 初めから規定の講習で合格出来ないのが解っていて、補習講習は本人負担とはおかしな話じゃないか! と詰め寄ると、 解りました、5時間の補習までは費用負担すると話しのわかる回答が、気を良くした受講生、調子に乗って今度は、5時間もの補習でも合格出来ないのは教え方が悪いのだろうから、教習所で費用負担して、、と詰め寄ったが、それはダメだったな。 

  と言う事で二種免許取得のための自動車学校通いが始まった。学科は集中講義で2日間ほどで終了し、後は二種特有の救急、救命、救護などの授業、問題は実地教習だ、第一段階は構内での実地教習、狭路での通行、方向変換、鋭角コースの通過等など、一種に無い教習でしごかれる、狭いコースでハンドル操作、安全確認、減速、方向指示、等など頭がパニックになる、教官から、そんなんじゃとても危なくてお客様を乗せられないネ頭がカチーンとくる、、うるせ―、じゃーお前がやってみろ! と言いたくなる。第1段階は2時間の補習をやらされた、第2段階からは路上教習が主体だ、交通法規を守るのは当たり前の事、ちょっとでも制限速度をオーバーすると、 スピード! とやられる、停止する時も止ったのが解らないように止れ、だの、曲がる時も滑らかに曲がれだの、そんな運転じゃお客様からお金を貰えないネ、と嫌みを言われる、兎に角、安全運転、安全確認、これに尽きる。腹が立っても見極めの判を貰わないと先に進めない、、我慢我慢だな、、そして1ヶ月間ほとんど毎日通い5人全員、目出度く検定試験に一回で合格する事が出来た。その後運転免許試験場に行き交通法規を受験、お蔭で一発で合格、まんまと無料で二種免許を手にする事ができた。主催者側から、せっかく免許を取得したのだから是非免許を生かしてもらいたい! と強制とも取れる発言、まー半年くらいタクシーに乗ってみるかね、、タクシードライバーの始まりさー、、

0 コメント