IRIS

大分県の佐賀関町(現大分市)と愛媛県の佐多岬に挟まれた豊予海峡は潮の早い事で知られている(別名 速吸の瀬戸)。瀬戸内海と太平洋の境界に位置し、佐賀関の沖合いにホゴ瀬と呼ばれる瀬があって魚のエサとなるプランクトンが豊富にいるため、本来は回遊魚のサバ、アジが居つき、潮の流れが速いためこの海域で生育するアジは肥育がよく身が締まっているとされ、形にも特徴があり、回遊することなく豊予海峡にだけに住みつく独立した群れであるとされている。この海域で捕れた「関アジ、関サバ」は今や全国ブランドの高級魚となっている。人気が出るにつれ偽物の「関アジ、関サバ」が出回るようになった為、大分県漁業協同組合佐賀関支店では、関あじ関さばの商標を出願し、平成8年(1996)に水産品としては全国で初めてとなる商標登録が認められた。
「関アジ、関サバ」は佐賀関町の漁師により全て一本釣りで獲られ、エサは疑似餌かゴカイと決められている、獲られた「関アジ、関サバ」は「面買(つらかい)」と呼ばれる、水の中で泳いでいる魚を見て値段を決める独自の方法で取引をする。魚が暴れて鮮度が落ちるのを防ぐため、見た目だけで重さと品質を判断する方法である。出荷先が決まった魚は新鮮度を保つため包丁で骨を切って血抜きをする「活けじめ」を行い発砲スチロール箱に氷と一緒に入れて5度くらいになるように保冷し発送される。佐賀関の漁師により「一本釣り」「面買い」「活けじめ」されたのが正真正銘の「関アジ、関サバ」である。
ところで「関アジ、関サバ」の名前の由来は昭和57年(1982)、佐賀関を訪れた政治評論家の藤原弘達氏がテレビ番組の中で 「関アジ、関サバは美味しかった、、、、」と話したのが始まりだと言われている。



ご当地に来て関アジ、関サバと呼ばれるのはなんどか食べたが、果たして本当の正真正銘の関アジ、関サバだろうか?佐賀関の沖合で採れるのが全て関アジ、関サバではない、上記のとおりだ。佐賀関の漁港の一角に「関の漁場」と言うレストランがある、以前は佐賀関の漁協が運営していたようだ、決して高級なレストランではないが本物の関アジ、関サバが食べられる。特にサバは今までに経験したことがない食感だった。やっぱり違うね! 私のような貧乏人ではチョイチョイと言うわけにはいかないが、また行きたいね、、、

0 コメント