IRIS

日曜日の天気は一昨日までの雨のち曇りから昨日は曇りのち晴れに変わった。山行きも考えたが今回は家族サービスも考え県南へドライブすることにした。佐伯市の豊後くろしおライン、米水津(よのず)にある空の展望所の芝桜が見頃と言う。東九州自動車道を蒲江I・Cで降りて蒲江インターパーク、道の駅蒲江に寄ってみた。さすがに魚介類は豊富だネ、、



標高250メーターの空の展望所からのリアス式海岸、豊予海峡の眺めは圧巻の一言、視界はイマイチであったが遠く四国も望める。沖を眺めていると若かりし頃、沖の豊予海峡、日向灘を何度となく航行した思い出がよみがえってくる。人生の三分の二以上も過ぎた今、縁があり故郷から遠く離れた九州の地で遠い過去を思い出す、、運命のいたずらか、こっけいにも思われる、、、
 

佐伯市街から海岸線の国道217号を北上し、塩湯(海水を沸かした風呂)で名物の海鮮丼を食べる目的もあった。 しかーしだ! 着いてみると数十人が順番待ちの状態、、これじゃ1時間半はかかるね、と言う事で海岸線を北上した、こう言うところにはあまり派手な店構えじゃないが魚介類が美味しい食堂があるはずだ、、海鮮丸、、これは何だね? 相方が、お父さん、ここは3年くらい前に来たことがあるよ、だけど混んでいて入らなかった店だよ! そう言われればそんな気もするが記憶にないネ、、入って見ると丁度テーブルが一席空いていた。注文したのは当然、海鮮丼、店の端に小さな生簀がいくつかあり魚介類が生きて動き泳いでいる。こりゃ美味しいわけだよ! 腹も落ち着き更に海岸線を北上し津久見市へ入り、臼杵市へ、ここから又海岸線を通り佐賀関へ、いつも行くミカン専門店へ寄り孫たちにミカン(デコポン)を送って道の駅、佐賀関に寄り夕方に帰宅した、走行距離200キロちょっと、結構走ったねー、


 

0 コメント