IRIS

文殊山のピークを踏めず下山し、このままじゃ帰れない、豊後高田市にある大分百山に数えられる屋山(543,7m)に登ることにし、登山口のある長安寺へ向かった。駐車場に車を止めて長安寺の境内に向かうと机に座った小母さんが、すいません、今の時期は登山者からも料金をいただいています! と言う事で200円を払い先を進む。シャクナゲが見事でお花見物を兼ねた参拝客が結構いるね、、


コンクリートの作業道を登って行くと展望が開けた場所に到着する(写真上)。屋山城鳥瞰図の看板が立てられている(写真下)、ここから暫くは急な登りになる。


登りきると頂上部は数百メーターにわたり平坦になっている(写真上)、竪堀、堀切などが確認でき戦国時代の面影を色濃く残している。主郭跡に屋山の標柱、三角点がある(写真下)
 

頂上には金毘羅社などがあるが荒れ果てている、石塔(写真)も建立されている。こちらも頂上独り占めだ、景色を眺めながらコンビニで買ったオニギリを食べて遅い昼食とした。時々吹き抜けえる風は汗ばんだ体に心地良い。30分ほど滞在し下山を始めたが誰にも合わなかった。 
 

0 コメント