IRIS

今日は全国的に晴れの天気らしい、本年2回目の山行きは何処にしようか?いくつかの候補を考えたが山香三山、杵築市の最高峰である雲ヶ岳(654m)に行くことにした、登山口から1時間くらいで行けそうだし足慣らしに丁度いい感じだ、雲ヶ岳に登り、足と相談して調子がよければ大分百山であり日本の八幡宮の総本社の宇佐神宮の奥宮の本元神社がある御許山(おもとさん)へ縦走してみよう、、、
登山口には立派な駐車場がありバイオトイレも整備されている、改めて関係者に感謝だ。支度をして9時に出発した。




登山口を入ると間もなく白山神社がある、こちらで参拝し整備された登山道を登って行く、100メーターごとに標識があり大変ありがたい、、、
 

途中から本格的な登山道になる、結構きつい登りもあるが息を切らして一歩一歩登って行く、4~5年前頃まではこの程度はグイグイと行った気がするが、やっぱり体力が落ちてきている事を実感する。



登山道にはところどころに小さな綺麗な花が咲いているが花に興味のないhamさん、残念ながら名前は解らない、時々1~2分の小休止をして50分ほどで中展望所(写真)に着いた。晴れ渡っているんだが靄かPM2,5かすっきりしないが国東半島の山々などが見渡せる。
 


途中にある西弘法、東弘法(写真)でお参りをして順調に登って行く、この調子じゃ御許山にも行けそうだな、、
 

1時間で大展望所(写真)に着いた、634メーターで東京スカイツリーと同じ高さとの事だが、大きな鯉のぼりがあるが生憎の無風でダラリ、、、
 

登山口を出発して1時間15分、雲ヶ岳(654m)の頂上に到着した(写真)。頂上は結構広く切り株など椅子代わりに使えるようになっている、足の調子も良いし一息入れてそのまま御許山に向かった。暫くは平坦な登山道だが間もなく急な下りとなった、下りは楽だが、下ると言う事は又登りが待っている筈だ、、案の定こんどは急な登りとなった、そして暫くすると御許山に鎮座する大元神社の参道に出た、一部コンクリート舗装された道だ、同年配くらいと思われる7~8人くらいのグループが下ってきた。
 

間もなく鳥居をくぐり全国八幡宮の総本宮である、宇佐神宮奥ノ院の大元神社に到着した、ご神木の脇に小さな御許山の標柱がある(写真)


大元神社(写真上)の裏が頂上になるが御神域で立ち入り禁止で入る事は出来ない。参拝し15分ほど滞在し雲ヶ岳に引き返し、ここでリュックをおろし30分くらい滞在したが貸切だ。慎重に下山すると途中で同年配くらいの一人の男性に会ったが、下山し駐車場の車を見ると北九州ナンバーだ。東自動車道を経由して無事に戻ってきた。この次の山行きは何処に行こうかね、、、気温も20度ほどまで上がり最高の山行きであった。
 

0 コメント