IRIS

ラジオ放送記念日

いつものように車内のNHKラジオを聞きながら市内中心部を仕事で流していると、3月22日の今日はラジオ放送記念日です、、、、放送記念日は大正14年(1925)3月22日に東京放送局(現NHK)がラジオの仮放送を始めたのを記念し昭和13年に制定されたものという。3月22日の朝9時30分、京田武男アナウンサーの 「あー、あー、あー、聞こえますか、こちらはJOAK東京放送であります、こんにちただいまより、放送を開始致します」 という第一声が周波数594Khzでながれた。当時の東京放送局は芝浦の東京高等工芸学校内の図書室(今の東京芝浦工業大学の事ですかね?)に設けられていたが、5月には愛宕山の現在放送博物館になっている地に正式の放送局が建築され、7月12日に「本放送」が始まり、この7月12日は現在「ラジオ本放送の日」になっています。その後、大阪放送局 JOBK、名古屋放送局 JOCK、の放送が始まり、今では多くの民放も放送している。子供の頃は未だテレビが無い時代、娯楽と言えばラジオを聞くのが楽しみの一つだった。 「みんなに親しまれた古い歌、だれでも知っている新しい歌、、、、」。アナウンサーの宮田 輝さんの司会で、出場者が天池真佐雄さんが弾くピアノのメロディーを聞きながら歌詞を間違えずに歌う番組、「三つの歌」、 ♪ちょっと失礼お尋ねします、、、、こーこーは1丁目、1丁目ー1番地♪ 「一丁目一番地」、「今週のみょうじょう」、「笛吹童子」、「少年探偵団」、などなど夢中で聞いた思い出がある。 しかーしだ! 今はテレビの時代、ラジオを聞く機会が少なくなった、私も車に乗る時以外はラジオを聞くことはほとんどない。

0 コメント