IRIS

空港へ Go!

数日前だが携帯に着信が、あッ、○○先生からだ、、正直なところ、そろそろ学会で東京に行かれる頃だがなー、と思っていたんだが。いやー、まだタクシーに乗ってますかね? お蔭で未だ乗ってます、、と言う事でお迎えに行き、高速道を空港へ、無事に到着し、ヤレヤレだ。明日は日曜日で本来は休みなんだが出勤し空港にお迎えに行くことにしている。一日分の予定運収も突破したし夕方までのんびりと行こう。いつものコンビニへ寄りコーヒーを一杯飲んで、さて帰るか、、帰りは無料の空港道路から先は一般道に下りて大分に向かう。
昼食を食べてご乗車の60歳くらいの男性、助手席のヘッドレスの後ろに貼ってある名刺札を見て、運転手さん、山に行くんですか、これから春になると山菜取りはいいよねー、どこか山菜が取れるいい山があったら教えてください! ときた。いや、私は山菜取りはまったくやらないんで良く解らないんです、私はただ山に登るだけです、、すると、えー、登山ですか、運転手さん失礼ですが60歳ちかいでしょう、それでも山にのぼるんですか? ときた。内心、喜んでいいのか、70歳を過ぎています、と言うのもしゃくだ、もうちょこっと多いですけどね、、最近は結構歳のいった登山者が多いですよ、、そうですか、こんど私も山登りをするかなー!

0 コメント