IRIS


ご当地に来て初めて口にした「クロメ」、これが又美味しくて今の時期、我が家ではよく食卓に登場する。クロメとはレッソニア科カジメ属の褐藻の一種で、潮下帯付近の岩に付着して生育する海藻である。冬の寒さが厳しい1月中旬、大分市佐賀関の高島・関崎地区ではクロメ漁が解禁になります。早朝より磯用の小舟を引いた漁船が佐賀関半島沖の漁場に向かって進んでいきます。箱めがねで海中を覗きながら、長い柄の付いたカマで軟らかく伸びたクロメの新芽を刈り取っていきます。サザエやアワビのエサになり、魚介類が繁殖する磯場を形成するクロメは、取りすぎを防ぐため、漁期を3月上旬までと決められています。採ったクロメは2~3枚ごとに1本の棒状に巻かれ(写真)出荷されていきます。
細長く刻んで醤油をかけ、混ぜ合わせ粘りが出たところで熱いご飯の上にのせて食べると最高だね。一度クロメを口に入れると、旨みと独特のほろ苦さが広がりクセになる美味しさがあります。また熱い味噌汁に細かく刻んだクロメを入れると、入れた瞬間黒いクロメが濃緑色に変わり、ふわっとした磯の香りが感じられ、味噌汁にトロロのような粘りが広がり独特の汁物となります、また乾燥したクロメ(写真)なども市販されている。

0 コメント