IRIS

福沢諭吉



大分県の北のはずれに位置する中津市留守居町にある福沢諭吉の旧居、記念館に行ってきた。福沢諭吉、昭和59年からの1万円紙幣の肖像に使用されている(写真)、日本人であれば知らない人はいないだろう。中津藩士で、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。慶應義塾大学の創設者であり、専修大学、一橋大学、などの創設にも尽力した。

 
  天は人の上に人を造らず、

            人の下に人を造らずと云ヘリ、、、、

 
 

福沢諭吉(写真)は天保5年(1835)1月10日、大阪堂島の玉江橋北詰にある中津藩蔵屋敷で13石2人扶持の下級武士、福沢百助の次男として生まれた。諭吉が1歳6ヶ月の時に父と死別し母子6人で中津に帰郷、貧しくとも信念を持った少年時代を過ごし、14,5歳の頃からは勉学にめざめ、のちには儒学者、白石照山の塾で学びました。安政元年(1854)、19歳のときに兄三之助のすすめで蘭学を志して長崎に遊学、翌年からは大阪の緒方洪庵の適塾で勉学に励みました。安政3年、兄三之助が病死したため中津に帰り福沢家を継ぎ適塾のj塾長となる。安政5年(1858)には藩の命令で江戸の中屋敷に蘭学塾を開き教師になりました、これが慶応義塾の始まりです。西洋の文物に触れたいと考えた福沢諭吉は万延元年(1860)26歳のときに幕府使節の護衛船「咸臨丸」に軍艦奉行の従者として乗り込み渡米、文久2年(1862)には幕府使節の一員としてヨーロッパ諸国を歴訪、議会や郵便制度、銀行、学校、病院などを旺盛な好奇心をもって見聞しました。その後これらの経験をもとに「西洋事情」を著し、続けて「学問のすすめ」、「文明論之概略」などを次々と発表し、世界と隔絶されていた当時の日本人を啓蒙していったのでした。


 


享和3年(1803)築の木造茅葺平屋建ての福沢諭吉の旧居(写真)は諭吉が青年期を過ごした家です。
 

諭吉が少年の頃自分で手直しをし長崎に遊学する19歳の頃まで米をついたり、二階の窓辺で学問をした木造瓦葺の土蔵(写真)が残っている、、、



「独立自尊」の人とは、「心身の独立を全うし、自らその身を尊重して、人としてその品位をはずかしめない者」と説いている、、、福沢諭吉は当時の日本人としてはかなり大柄な人で身長173センチ、体重70キロであったと言われている。明治34年(1901)1月25日脳出血症再発、2月3日66歳にて永眠、福沢諭吉は慶応大学の敷地内に居を構えていたため、慶應義塾大学三田キャンパスに諭吉の終焉の地を示した石碑が設置されている。中津市の旧居に隣接する福沢諭吉記念館では「学問のすすめ」の初版など諭吉の書、手紙、写真などのほか父百助の書や関係する人々の資料などが多数展示されている。

 

0 コメント